開催直前!技術書典6 参加サークルへ大切なお知らせ

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

いよいよ技術書典6が近づいてきました!
開催を目前に控えて、サークル参加の皆さんへいくつか大切なお知らせがあります。

かんたん後払い用のコンテンツアップ

今回よりかんたん後払いに「ダウンロード機能(β)」が加わったため、かんたん後払いを使って次のようなことが簡単に出来るようになりました。

  • 書籍を買うと電子版もダウンロードできる
  • 書籍が売り切れても電子版で販売継続

マイページから頒布情報に進んで「ユーザダウンロード用データをアップロードする」を押すと、購入者にダウンロードさせたいデータを1つ設定できます。アップロードできるのはPDF、epub、zipのいずれかです。

ダウンロードさせたいファイルを設定

ダウンロード用データは複数回アップロードできますが、ユーザがダウンロード可能なのは最新の1つのみですのでご注意ください。目のマークが付いているのがダウンロード可能なファイルです。

ダウンロード可能なファイルに目のマーク

ダウンロード用ファイルをアップしておくと、サークル詳細のページで頒布物に赤字で「DLC有」と表示されます。

頒布物に対してダウンロード用データの設定は必須ではありませんが、便利な機能ですので是非ご利用ください。

立ち読み広場への本提出について

前回に引き続き、技術書典6でも会場内の出口付近に「立ち読み広場」を設けます!「立ち読み広場」は、参加者の方が各サークルの新刊・既刊(の一部)を立ち読みできるスペースです。

立ち読み広場は出口付近の「催事スペース」のところ

こちらの「立ち読み広場」用に提出いただく本を募集いたします。

これは見本誌とは別物です。「立ち読み広場」への参加は必須ではありませんので、参加を希望される場合のみ「立ち読み本」を提出ください。

当日、各サークルのテーブル上にあらかじめ「立ち読みシール」を配布しておきます。必要事項を記入して本の裏表紙下部に貼ったら出口付近の運営詰所までお持ちください。シールが足りない場合は運営詰所まで取りにいらしてください。

なおイベント終了後、立ち読み本の回収を希望する場合は運営詰所までお越しください。未回収の場合は運営にて法令に基づき処分をいたします。

不要なダンボールの回収場所

ダンボールは「荷物作業スペース」にて運営が回収、廃棄しますので随時お持ちください。
自サークル以外の場所には許可なく段ボールや荷物を置かないようご注意ください。

なおダンボール以外のゴミは必ずお持ち帰りください。

段ボールの回収場所は入口から入って突き当たり

ダイレクト入庫サービス

技術書典6では以下の委託事業者さまのダイレクト入庫を実施いたします。新刊/既刊の在庫委託先としてご検討ください。
※各社サービス内容が異なりますので当日担当者にお聞きください

  • 事業者:BOOTH、虎の穴
  • 時間:15:00~18:00(混雑状況により開始時間が遅れる可能性があります)
  • 場所:荷物作業スペース(2社分の机が並びます)

ダイレクト入庫サービスは荷物作業スペースにて受付

撤収時の宅急便受付

出展者撤収時間で利用可能な宅配業者を手配しています。在庫や荷物を送りたい方はこちらをご利用ください。場所はダイレクト入庫サービスと同じ「荷物作業スペース」です。

  • 宅配業者:ヤマト運輸の受付が開設されます
  • 時間:17:00~18:00
  • 場所:荷物作業スペース
  • 条件:着払いのみの対応です

ダンボール資材については用意できるかは不明ですので、搬入に使った資材はとっておくといいかもしれません。

サークル出展ブースの制限緩和

技術書典6では持ち込み物の高さ制限を緩和しました。

いままで150cmまでとお願いしておりましたが、安全性が確保されていれば高さの制限はありません。もっとも安定して、安全が確保できる高さにしてください。(ポスターなど自立するスタンドによる掲示を想定した緩和です。天井が近い、電気設備に近接するなど防災上の理由でお断りする可能性もあります)

またポスター以外たとえばのぼりやバルーンといった特殊な掲示物は、サークル向けFAQを更新しております。詳細は「持ち込み物について」等をご確認ください。

今回も会場は混雑を予想しています。スペース外への掲示物や荷物配置、通路での呼び込みなどは禁止です。当日を無事に、そして楽しく過ごせるよう皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

サークル通行証の割当と見本誌提出もお忘れなく!

過去にお知らせ済みですが、サークル通行証の割当と見本誌提出もどうぞお忘れなく!当日配布する「サークルべんりカード」と「見本誌提出袋」の使い方についても確認しておいてください。

なお見本誌の事前提出〆切は4月10日でしたが、〆切後であっても予め電子提出をしておいていただけますと、見本誌確認作業は技術書典当日に実施する場合とくらべて負荷が大変少なくなり助かります見本誌はできるだけ事前に提出いただき、やむを得ず当日提出になってしまう場合は頒布物情報だけでも事前にご登録くださいますよう、ご協力をお願いします!

事前準備をしっかりと行って、当日はばっちり楽しみましょう!

共有