3/22(日)と3/29(日)に「技術書典 推し祭」を開催します!

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

「技術書典 応援祭」で物理本特集を開催中!

3/15(日) から「技術書典 応援祭 ~物理本特集~」を開始しました!

物理本特集の書籍は「電子+紙セット」となっていますので、紙の本を買うと必ず電子書籍が付いてきます。

「やっぱり紙の本が欲しい!手元に置いて読みたい!書き込みたい!」という方はぜひ!200種類以上の技術書があなたを待っています!

「技術書典 応援祭」のオンラインマーケットには、新刊・既刊あわせて約800種類の技術書が出品されています。この中から推しの一冊をみんなにオススメする、「推し祭」を開催いたします。

推し祭ってなに?

「技術書典 応援祭」にサークル参加している皆さんと、「技術書典 応援祭」で本を購入した皆さんが、次のようにご自分の本や購入した本の「推しポイント」をアピールしたツイートをすると、技術書典公式アカウントがリツイートして1.5万人のフォロワーにお届けするお祭りです。

  • 何推しなのか?( うちのサークルはこの技術推し! 新刊は○○言語推し!
  • 本の推せるポイントはどこか?( この技術についての本は世界中探してもこの1冊だけ! 実装でハマった落とし穴を具体的に説明している!

気になる本やサークルを見つけたら、ぜひ「リツイート」や「いいね」で他の人にも教えてあげてください。本を書いた人も買った人も、みんなで「推し祭」を楽しみましょう!

800種類以上という圧倒的な量を前に「どれを買ったらいいの…?」と迷っていた方は、色んな本の「推しポイント」が流れてくるので気軽にチェックできます。そしてサークル参加の皆さんは本をアピールできる絶好のチャンスです!ぜひ技術書典公式アカウントをフォローしてご参加ください。

気になる本やサークルを見つけたら、ぜひ「リツイート」や「いいね」で他の人にも教えてあげてください。本を書いた人も買う人も、「推し祭」をみんなで楽しみましょう!

推し祭の参加ルールは?

「技術書典 応援祭」にサークル参加している皆さん、そして「技術書典 応援祭」で本を購入した皆さんは、以下のルールを確認いただいて、ぜひお気軽にご参加ください。

  1. 技術書典公式アカウントをフォローしていること
  2. 指定の時間帯に指定のフォーマットでツイートすること(詳しくは後述)
  3. (出展者の陣のみ)1サークルにつき1つのツイートに厳選すること
    • 複数名グループでの出展であっても1サークルにつき1ツイートのみにしてください
    • 1ツイート内で1冊の本だけを推しても、複数の本を紹介しても構いません
    • このルールは出展者の陣のみ該当します。購入者の陣では、3冊の本を推したければ3回ツイートして構いません
  4. 行動規範アンチハラスメント・ポリシーサークル参加要項とガイドなど技術書典の規約とポリシーに反しない内容であること

3/22(日) 20:00~22:00 「推し祭~出展者の陣~」を開催

推し祭~出展者の陣~

こちらは技術書典8に当選されて、「技術書典 応援祭」のオンラインマーケットに出品しているサークルの皆さんにご参加いただけます。

なお1サークルにつき1つのツイートに厳選してご参加ください。複数名での出展であっても、1サークルにつき1ツイートのみにしてください。1ツイート内で1冊の本だけを推しても、複数の本を紹介しても構いません。

ツイートに以下の事項を必ず含めてください。

  1. サークル名(例. ひかる黄金わかめ帝国
  2. 書籍のアピール(例. 「技術書典Web開発日誌 tbf08編」では技術書典の舞台裏を運営に関わる当事者の目線で書き綴っています!
  3. #技術書典 #推し祭出展者の陣 という2つのハッシュタグ(「推し祭」に送り仮名の「り」はつきません!)
  4. @techbookfest
  5. オンラインマーケットのURL(例. https://techbookfest.org/product/4732776477622272https://techbookfest.org/market/search?q=%22%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B%E9%BB%84%E9%87%91%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%81%E5%B8%9D%E5%9B%BD%22

参加ルールを守った上で、3/22(日) 20:00~22:00 の間に上記の5項目を全て含めたツイートをすると、技術書典公式アカウントがリツイートします。

3/29(日) 20:00~22:00 「推し祭~購入者の陣~」を開催

推し祭~購入者の陣~

こちらは「技術書典 応援祭」のオンラインマーケットで本を購入した皆さんにご参加いただけます。(「サークルとして出品しているけど、一般参加者としても他のサークルの本を買いました」という方ももちろん参加できます。自サークルで頒布した以外の本を推してください)

ツイートに以下の事項を必ず含めてください。

  1. 購入した本のアピール(例. 「技術書典Web開発日誌 tbf08編」を買いました。涙なしには読めませんでした!
  2. #技術書典 #推し祭購入者の陣 という2つのハッシュタグ(「推し祭」に送り仮名の「り」はつきません!)
  3. @techbookfest
  4. オンラインマーケットのURL(例. https://techbookfest.org/product/4732776477622272https://techbookfest.org/market/search?q=%22%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B%E9%BB%84%E9%87%91%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%81%E5%B8%9D%E5%9B%BD%22

参加ルールを守った上で、3/29(日) 20:00~22:00 の間に上記の4項目を全て含めたツイートをすると、技術書典公式アカウントがリツイートします。

出展者のみなさんへ

ツイートされる際、画像は必須ではありませんが、表紙や目次、お品書きなどがあるとよいアピールになると思います。またリンク先となる書籍のページにきちんと頒布物の情報を載せておくことをお勧めします。

詳細なアドバイスは技術書典の主宰(@mhidaka)による、技術書典 開発日誌にありますので、ぜひご覧ください。

推し祭のタイミングに限らず、noteやブログなどで書籍の良いところをPRして、ハッシュタグ #技術書典 をつけて発信するのもオススメです。

注意点

  • 「推し祭」は技術書典公式アカウントによるリツイートが必ず行われることお約束するものではありません
  • できるだけ多くのサークルさんをご紹介したいと思っていますので、参加ルールや必須事項をよくご確認ください
  • 技術書典公式アカウントがリツイート数の回数上限に達してしまう、あるいはサークルさんご自身のアカウントがTwitterにShadowBanされているなど、運営側でコントロールできない事情によってリツイートされないことがあります。予めご了承ください
  • リツイートされた/されなかった理由などはお問い合わせいただいても回答はいたしません

3/7(土) 20:00ごろから「技術書典 応援祭」がはじまります!

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

3/7(土) 20:00ごろから「技術書典 応援祭」がはじまります!

3/7(土)~4/5(日)の1ヶ月間限定で開催される、技術書典のオンラインマーケット、「技術書典 応援祭」がいよいよはじまります!

オンラインマーケットのオープンは、3/7(土) 20:00ごろを予定しています。「なんでそんな遅い時間にオープンなの?」とお思いかも知れませんが、なぜならば本当にぎりぎりのぎりまでマーケットの実装をしているからです…!道理を引っ込めながらいろいろな無理を通してきた2週間でした。20:00と言いつつ、多少遅れたり早まったりしても、「ああ、つい5分前までAPI作ってたのかな…」というやさしい気持ちで、はじまりの時間をお祝いいただけたらうれしいです。

書籍の中身検索や類似度によるおすすめも!

「技術書典 応援祭」に出品される数百品種から、目当ての技術書を探すのは大変です。そのため、チャレンジとして特徴的な機能をいくつかご用意しました!

1. 書籍の中身検索機能

オンラインマーケットでは、書籍の全文検索機能をご用意しました。

書籍の全文検索機能

よい検索結果を得るためにも、サークル参加の皆さんは書籍の説明文をしっかりと書き、そしてマシンリーダブルなフォーマット(本文はPDFやEPUB等)で見本誌の登録をお願いします。本文と表紙(PNGやJPEGといった画像フォーマット)をZIPで固めたものもゆくゆくは頑張る予定です。頑張りたい気持ちがとてもあります。

ただし特殊なPDF生成方法だと解析できないコンテンツがあるかもしれません。その場合はうまく検索結果にのらないことがあります。

2. 類似度によるおすすめ機能

書籍の情報や、その書籍を書いたサークルの情報、タグなどを使ってWebサイトの閲覧者におすすめの書籍を表示予定です。通常、ウェブサイトで書籍を買った場合、目当ての1冊を買うと、そこで即時離脱するケースが多いのですが、類似のおすすめ書籍を表示することで意外な発見を楽しんでもらえないかという取り組みです。

応援祭を通じてこれらのUI、検索結果、書籍の一覧表示、おすすめ機能などは随時改善していきます。掲載順序などは都度変わっていくと思いますが、売り手、買い手ともに試行錯誤にご理解をいただき、あたたかく応援いただけますと幸いです。

よくある質問

Q. 「技術書典 応援祭」にはどうやって出展したらいいですか?
A. 技術書典8に申し込んで当選していたサークルであれば、みなさま「技術書典 応援祭」に出展できます。出品方法は、「技術書典 応援祭」で販売する本の登録方法、見本誌提出方法についてをご確認ください。

Q. 中止告知よりも前に辞退してしまったサークルは参加できますか?
A. はい。新型コロナウイルス感染症の影響で、中止告知よりも前に辞退のご連絡をいただいていたサークルさんも、もちろん「技術書典 応援祭」に出展可能です。ご安心ください。

Q. 「技術書典 応援祭」には参加しないつもりです。ペナルティはありますか?
A. いいえ。技術書典8に申し込んで当選していたサークルであっても、「技術書典 応援祭」に出展する/しないは自由です。「技術書典 応援祭」に参加されなかった場合も、ペナルティ等はございませんのでご安心ください。また参加されない場合も、運営への連絡は不要です。

Q. 物理本の送付が3/9(月)に間に合いませんでした…
A. どうしても間に合わない!という場合は、3月中の月・水・金の19:00~21:00で送っていただければ、販売開始は遅れますがベストエフォートで対応するよう調整しました。送付方法は、「技術書典 応援祭」を3月7日から約1ヶ月間に渡って開催します!をご確認ください。

Q. 見本誌提出が3/5(木)に間に合いませんでした…
A. 「技術書典 応援祭」の開催期間は約1ヶ月間ございますので、今後も見本誌は提出いただいたものから順次チェックを行っていく予定です。途中からでも参加できますので、新刊頑張ってください!

Q. 無料(0円)の本は出品できますか?
A. はい。オンラインマーケットでは無料(0円)の電子版も出品が可能です。「電子+紙セット」は無料での出品はできませんのでご注意ください。また有料での出品は、最小希望小売価格を500円とさせていただいております。

Q. 技術書典の運営に寄付をしたいのですが…
A. オンラインマーケットには、技術書典運営事務局による技術書、「技術季報」も出品します!技術季報の売り上げは、次の技術書典の予算となります。「次の開催を楽しみにしている!」「技術書典を応援したい!」というお気持ちを表明したいときは、ぜひ技術季報をお求めいただけたら嬉しいです。

「技術書典 応援祭」で販売する本の登録方法、見本誌提出方法について

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

先日、「技術書典 応援祭」を3月7日から約1ヶ月間に渡って開催します!というブログでお伝えした通り、今週末の3月7日(土)から約1ヶ月に渡る「技術書典 応援祭」が始まります。

開催まで時間がない中で恐縮ですが、サークル参加のみなさんには以下のご準備をお願いいたします。

「技術書典 応援祭(おうえんまつり)」とは?

「技術書典 応援祭」とは、3月から4月にかけて約1ヶ月間にわたって期間限定で開催される、技術書典のオンラインマーケットと、それを盛り上げる各種オンラインイベントのことです。

詳しくは、「技術書典 応援祭」を3月7日から約1ヶ月間に渡って開催します!をご確認ください。

1. オンラインマーケットの利用規約を確認しよう

「技術書典 応援祭」に参加されるサークルは、まず「技術書典オンラインマーケット販売サービス利用規約」を確認しましょう。

2. 売上を振り込む口座を登録しよう

「技術書典 応援祭」に参加されるサークルは、以下の手順で、「技術書典 応援祭」の売上を振り込む口座を登録してください。

  1. マイページを開く
  2. 「サークル設定」をクリック
    「サークル設定」をクリック
  3. 口座振込を選択する
    「口座振込」を選択
  4. 銀行コードを入力する
  5. 銀行名を入力する
  6. 支店コードを入力する
  7. 支店名を入力する
  8. 口座種別を選択する
  9. 口座番号を入力する
  10. 口座名義(カタカナ)を入力する
  11. 「決定」をクリック

技術書典8に向けて、既に「かんたん後払い」用の振込口座を登録されていた方も、念の為こちらの口座登録の確認を別途行ってください。

3. 「販売書籍」を登録して、コンテンツをアップしよう

「技術書典 応援祭」に参加されるサークルは、以下の手順で書籍を登録して、見本誌および電子版データをアップしてください。

見本誌と電子版データの計2回、アップロードが必要です。見本誌はオフライン開催での技術書典と同様に、頒布される本の運営によるチェック、そして検索のためのIndex取得など解析に使用します。電子版としてアップした書籍は、マーケット出品すると販売開始となります(マーケット出品方法は後述)。その後に規約違反が判明した場合、販売後であってもサービス利用規約に基づいた対処を行います。

なお3月5日(木) までに見本誌を提出いただくと、オンラインマーケットがオープンする3月7日(土)から確実に見本誌チェックを終えた状態で販売可能となります。「技術書典 応援祭」の会期は約1ヶ月間ございますので、3月6日(金)以降も、随時提出いただいたものから順次、見本誌のチェックを行っていく予定です。

  1. マイページを開く
  2. 販売書籍の管理に書籍が表示されます
    「販売書籍の管理」の「書籍の追加」をクリック
    • 販売書籍の管理には、技術書典8を含め、過去の技術書典で頒布した書籍がすべてマイグレーションされています。つまり沢山の本がならんでるひとは多数出展いただけたということです!いつもありがとうございます!
      • たとえば技術書典5で出した本を、技術書典6、7でも頒布した場合、同じ書籍が3つ表示されるはずです
      • データの統合や削除は現状実装されていません。同じ書籍が複数があった場合は、左側のほうが新しいデータなのでそちらを使ってください
        • 今までのデータ構造では、技術書典6で出した「ねこでも分かるVuePress」と、技術書典7で出した「ねこでも分かるVuePress」は別々の書籍として扱われていました。販売実績も別々に保存されていたため複数表示されている、という経緯です。ご了承ください
    • まだ頒布物を一度も登録していなければ、何も表示されません。+ 書籍の追加をクリックして書籍を追加してください
  3. + 書籍の追加、もしくは既存の書籍をクリックして、書名概要を入力して追加するをクリックします
    • 書名(カナ)には、カナ以外の文字(数字、空白、記号など)が入力できないので注意してください
    • もともと技術書典8で初めて頒布する予定だったが、中止になったため「技術書典 応援祭」で頒布することにした、という新刊であれば技術書典 応援祭と入力してください
  4. 見本誌データ及び電子版データをアップロードしておきます

4. 最後に「マーケットに出品」しよう

「技術書典 応援祭」に参加されるサークルは、以下の手順で書籍をマーケットに出品してください。出品できるのは電子版電子+紙セットのみです。紙の書籍のみでの出品はできませんのでご注意ください。

  1. マイページを開く
  2. 「マーケット出品」の「出品」をクリック
    「マーケット出品」の「出品」をクリック
  3. 書籍の選択に書籍が表示される
    • 書籍の選択には、技術書典8を含め、過去の技術書典で頒布した書籍がすべて表示されます
      • たとえば技術書典5で出した本を、技術書典6、7でも頒布した場合、同じ書籍が3つ表示されるはずです
      • データの統合や削除は現状実装されていません。同じ書籍が複数があった場合は、上のほうが新しいデータなのでそちらを使ってください
        書籍が表示される
  4. 出品したい書籍を選択する
  5. 電子版及び電子+紙セット販売価格在庫数を入力する
    • 紙の書籍は、ここで入力した在庫数に基づいて販売しますので、倉庫に送った数を正確に入力してください
      販売価格や在庫数を入力する
  6. 出品するをクリックする

よくある質問

サークル向け

Q. 100円の本を出品してもいいですか?
A. ごめんなさい。決済ごとの手数料を鑑みて、オンラインマーケットでの有料の出品は、最小希望小売価格を500円とさせていただいております。

Q. 2冊合わせても厚さは2.5cm以内だし、こちらで袋に入れて送るので、物理本の「上下巻2冊セット」を販売してもいいですか?
A. ごめんなさい。倉庫事業者への委託をスムーズに行うため、複数の本を組み合わせたり、おまけを挟み込んで送付することはできません。「上下巻2冊セット」や、「紙の本にダウンロードカードやステッカーを挟んだセット」などの登録、送付はお控えください。ご協力のほどお願いします。

Q. 技術書以外の本もオンラインマーケットで販売できますか?
A. 「技術書典 応援祭」では技術書のくくりでおねがいします。「技術書」の定義については技術書典のサークル参加要項に準じます。技術と関係のない内容のものについては、閲覧者が「同人誌」に慣れているかどうかもわからず、どのように受け止められるか不安があったので現在は見合わせています。技術のためのお祭りとして、オンラインでも試行錯誤していこうと思うので見守っていてください。併せて「技術書典オンラインマーケット販売サービス利用規約」もご確認ください。

「技術書典 応援祭」を3月7日から約1ヶ月間に渡って開催します!

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

新型コロナウイルス感染症の影響で、技術書典8の中止をお知らせしてから約10日が経ちました。
本来であれば、明日(2/29)と明後日(3/1)は、意気揚々と新刊をひっさげたサークルと、新しい技術との出会いに胸躍らせる読者の皆さんが集まって、賑やかな技術書典の様子をお伝えできるはずでした。

みなさんの寂しい気持ちを吹き飛ばせるように、この10日間、我々はオンラインの「技術書典 応援祭」の準備を急ピッチで進めてきました。技術書典の中止に伴って、準備してきた諸々の手配のキャンセル、作ってしまったものの廃棄など、それだけでも目の回るような大変さだったのですが、皆さんの大事な「〆切」がなくなってしまわないよう、たった10日の準備期間でオンライン販売の基盤を作り、物理本を販売するための場所やフローの準備をしてきました。

電子書籍のダウンロード販売だけでなく、どうしても物理本(紙の書籍)も売れる体制にしたかったので、道理を引っ込めながらいろいろな無理を通して、ようやく本日のお知らせとなりました。お待たせしました!

ですが、どうしても盤石な体勢とは言えません。きっと「なんでこうなってるの?」と思われるような不具合もあるかも知れません。本来であればあり得ない短期間で工数をぶち込み、無理をおしてなんとか体制を整えました。すべては皆さんが一生懸命書いた技術書を、楽しみに待つ読者の元へ届けるためです。どうぞ温かくご理解いただき、技術書典オンライン開催のトライアルと思って、「技術書典 応援祭」へご参加いただけたらうれしいです。

また「技術のお祭りを支援したい」という協賛企業のみなさまに際しましても、新型コロナウイルス感染症に伴う不透明な状況にもかかわらず、辛抱強くお待ちいただいています。この場を借りてお礼申し上げます。

「技術書典 応援祭(おうえんまつり)」とは?

「技術書典 応援祭」とは、3月から4月にかけて約1ヶ月間にわたって期間限定で開催される、技術書典のオンラインマーケットと、それを盛り上げる各種オンラインイベントのことです。

中止になってしまった技術書典を、そして気落ちする著者を、みんなで本を買って応援して、また次の技術書典が開催できるよう祈願しましょう。

「技術書典 応援祭」の日程

3/5(木) 「技術書典 応援祭」の見本誌提出期限 ※提出窓口はまだ公開されていません。3/3ごろに公開予定です
3/7(土) 「技術書典 応援祭 ~電子版~」オンラインマーケットオープン
3/9(月) 物理本の倉庫必着日
3/15(日) 「技術書典 応援祭 ~物理本特集~」
3/22(日) 「技術書典 推し祭り~出展者の陣~」
3/29(日) 「技術書典 推し祭り~購入者の陣~」
4/5(日) 「技術書典 応援祭 ファイナル ~締め切りが生えてくるぞ~」
4/6(月) 0:00をもってオンラインマーケットを一旦クローズ、締め処理
4/7(火) サークル売上の振込
4/10(金) 物理本返送処理を開始

誰が出展できるの?

技術書典8に申し込んで当選したサークルが、「技術書典 応援祭」に出展できます。

物理本と電子本、どっちも販売できるの?

はい、但し少しだけ制限があります。時間の制約がある中で作ったので、オンラインマーケットはもともと「電子本」専用だったものを改造しています。そのため物理本を委託したい場合は、必ず「電子本+紙(物理本)」というかたちでの登録をお願いすることになります。

もちろん「電子本」「電子本+紙(物理本)」どちらも「技術書典 応援祭」のオンラインマーケットで販売できます。物理本は1サークルにつき1箱を上限として、指定の方法で元払いにて倉庫へお送りいただくことで、「電子本+紙(物理本)」の形で、オンラインマーケットで販売できます。

なお物理本は厚みが3cm2.5cm以内のものに限ります。また本以外のものは販売できません。厚みが5cmの本、およびキーボードや電子機器といった本以外のものを、オンラインマーケットへ登録したり、倉庫へ送ったりされないようお願いします。

また倉庫側で複数の本を組み合わせたり、おまけを挟み込んで送付することもできません。「上下巻2冊セット」や、「紙の本にダウンロードカードやステッカーを挟んだセット」などの登録、送付もお控えください。

頒布物は全年齢向けを対象とすることや、禁止事項に違反すると退場措置となること、見本誌の事前提出が必須であること(見本誌はPDF、epub、zipファイルでアップロード可能)など、「技術書典 応援祭」におけるルールは、技術書典8の「サークル参加要項」や「サークル向けガイドライン」に記載の内容から変更ありません。

なお「技術書典 応援祭」に向けた見本誌登録や販売にあたって、オンラインマーケット用の利用規約を追加で用意する予定です。こちらも準備でき次第、技術書典公式サイトやこちらのブログでご案内予定します。

物理本はいつ、どこに送ればいい?

物理本は1サークルにつき1箱のみ受け付けます。到着日は3/9(月)を指定してください。それ以外は3/2(月)、3/4(水)、3/6(金)が指定可能です。いずれも19:00 〜 21:00着になるよう、必ず時間指定をしてください。指定以外の日時に届いた場合や、1サークルで2箱以上届いた場合は、全ての段ボールを着払いで返送いたします。イレギュラーな対応は倉庫側の作業負担となり、購入された物理本の送付遅延へと繋がります。お願いが多くて恐縮ですが、どうぞご協力ください。

※なお、どうしても3/9(月)に間に合わない!という場合は、3月中の月・水・金の19:00~21:00で送っていただければ、販売開始は遅れますがベストエフォートで対応します。

物理本を送る際は、段ボールの中に送り状を同梱してください。倉庫に送る際、事前の特別な申請等はありません。また以下の「技術書典 応援祭 送付先情報&送り状テンプレート」に沿って、配送先を記入してください。宅配業者はヤマト運輸のみ受け付けます。その他の業者では届きません。

送付いただいた後、「技術書典 応援祭」での販売開始前に、送付した本の冊数(在庫数)などを別途登録いただく予定です。また前述の制約から、物理本を購入したら、その到着をまたずに電子本をダウンロードできるようになります。出展者のみなさまは、忘れずに電子本の登録作業をお願いします。(見本誌の提出とは別のUIです。「技術書典 応援祭」での「電子本」や「電子本+紙(物理本)」の販売登録方法、送付した本の冊数を登録する手順などについては、ページの用意ができ次第、後日またブログでご紹介します!)

他の著者の本を委託で受けてもいい?

オフラインで開催する技術書典8では、委託を引き受ける予定のサークルさんもいらっしゃったと思いますが、残念ながら「技術書典 応援祭」では、契約上の制限として委託販売ができません。(サークルに所属されている方ご自身が、販売する本の権利保有者である必要があります)

例えば「わかめさん」と「ひつじさん」が所属するサークル「テックニャースター」があり、サークルの代表者はひつじさんだったとします。この場合、「技術書典 応援祭」で、わかめさんの本や、ひつじさんの本、そしてテックニャースター合同誌を、「テックニャースター」の頒布物として登録して販売することが可能です。ですが、「テックニャースター」というサークルに所属していないもちこさんの本を、委託で販売することはできません。

手数料はいくらかかるの?

購入者の決済時に発生する決済手数料は運営が負担しますので、出展者と購入者には手数料がかかりません。無料です。つまり1000円の物理本を買って400円の送料がかかったら、購入者が支払う金額は1400円です。

また出展サークルについては、技術書典8が中止となってしまったことを鑑みて、販売手数料をいただきません。サークルの取り分は100%とします。つまり1000円の本を技術書典オンラインマーケットで販売したら、そのまま1000円がサークルの売上となります。売上を銀行口座へ振り込む際の振込手数料も、今回は運営が負担しますので一切いただきません。

今回の「技術書典 応援祭」を開催した後、販売動向や実績を踏まえて、ちゃんと運営できる手数料を頂くかたちで、改めて技術書典のオンラインマーケットを再開します。そしてこの手数料を、今後の技術書典開催の蓄えとしていきたいと思っています。もちろん技術書典運営事務局も本を販売します!爆裂に高価な値付けのものも用意するので、ぜひ買って応援してください。

よくある質問

サークル向け

Q. サークルが送れる段ボールは上限1箱とありますが、どんなに大きくても1箱なら許されますか?
A. 許されます。ですが「技術書典 応援祭」は1ヶ月間だけのお祭りです。売れ残った在庫は着払いで返送することになりますので、行きと帰りの送料をよく考えた量を送ることをお勧めします。逆に売れ行きが良くて在庫が無くなりそうだったら、こちらから追加納品をお願いするかもしれません。その場合はメールでご連絡しますのでお待ちください。もちろん、在庫がなければ断っていただいて大丈夫です!

Q. 1箱の中に新刊や既刊を複数種入れて送って大丈夫ですか?
A. はい、大丈夫です。送付いただいた後、「技術書典 応援祭」での販売開始前に、送付した本の冊数(在庫数)などを別途登録いただく予定です。

Q. 物理本は入稿しようか迷っていました。「技術書典 応援祭」に間に合うよう、今から慌てて刷った方がいいですか?
A. 物理本を売るかどうかは、サークルさんの判断にお任せします!今回の「技術書典 応援祭」で物理本を取り扱ったのは、「中止発表前にもう刷ってしまっていたサークルさんに販売場所を提供したい」という救済の意味合いが強いです。「まだ刷ってなかったから、今から慌てて入稿しなきゃいけない」というものではないので、ご自身の判断で「物理本売りたい!」と思ったら、日光企画ねこのしっぽに相談してみてください。

Q. BOOTHやとらのあなでも販売しています。オンラインマーケットにそのURLを載せて、導線を作ることはできますか?
A. 言いたいことはとってもわかります!でも今回は専用のボタンなどを用意するのは難しいです!ごめんね!概要欄にURLを載せたり、ご自分でツイートされる際に、「技術書典 応援祭」以外の購入経路を一緒に紹介するのは勿論構いません。

一般参加者向け

Q. 「技術書典 応援祭」で色んなサークルの物理本を買いました。ばらばらで届きますか?それとも1箱でまとまって届きますか?
A. 我々がもっとも頑張った場合、「技術書典 応援祭」専用の倉庫からまとめてお送りできます。ですが悲しいことに現在は、1冊ずつ別々のダンボールで届く可能性ものこっています…ごめんね!

Q. 物理本は1冊ごとに送料が400円ずつかかりますか?複数冊買っても1つの段ボールに収まれば400円ですか?
A. 前述のとおり、今回のオンラインマーケットはかなりの急ごしらえだったので、買い物かご機能や、本の厚さに応じた送料計算機能がなく、1冊購入するたびに400円の送料がどうしてもかかります。こちらは倉庫から複数冊を1箱にまとめて送れた場合でも返金はありません。倉庫の維持費や、物理本を1冊1冊梱包してお送りする手間賃だと思っていただけると助かります。

頒布物に頒布形態(紙・電子など)を設定できるようになりました

こんにちは、技術書典のWeb担当 @vvakame です。

2月16日午前くらいに頒布情報編集画面に頒布形態の編集欄を追加しました!

頒布形態の編集画面

既存の頒布物情報編集画面内に追加されています。
画像のように販売形態ごとに個別に名前と注意書き、価格、販売価格を設定できるようになりました。

みんなが見るサークル詳細での表示の具合

既存データについて、名称は 会場頒布 が設定され、価格は頒布物に設定されていたものを引き継いでいます。
そして、頒布物本体の情報から価格欄がなくなりました。
データ移行期間中に入力されたデータについて、価格が0円になっている場合があります。
頒布物情報を最近追加したけど、そういえば価格の欄がなかったな… という方は、販売形態に対して価格設定をお願いします。

また、今回から販売形態に対して 販売を停止する 状態を設定できるようになりました。
これは当日紙版が売り切れた場合などにチェックを入れると、かんたん後払いアプリ上で該当の販売形態がdisabledになる… という機能の予定です。

アプリについても随時改修を進めています。
かんたん後払い練習用のお試しセットのアナウンスも準備しておりますので、もう少しお待ち下さい。

現在の改修進捗

2月29日、3月1日の技術書典8開催中止のお知らせ

技術書典 代表 @mhidakaです。

技術書典は今回をもって第8回を数えます。直近の技術書典7では660を超えるサークルが257,000部以上の各種技術にまつわる技術書を持ち寄り、頒布しました。
これらの多様性のなかには初学者むけ・マニアックなもの・ニッチなものいずれの知識をも内包し、ジャンルを問わず技術書のお祭りとして皆様から応援されていると実感しています。
多くの参加者の支援によって育ってきたイベントです。本当にありがとうございます。

技術書典8

2月17日 16:00 更新

技術書典を楽しみにしている皆様へ

誠に残念ですが先週末の新型コロナウイルス感染症に関わる状況の急激な変化を鑑み、技術書典8の中止およびオンライン開催「技術書典 応援祭」への変更を発表いたします。出展者、参加者のみなさまにとっては短い期間で二転三転することとなってしまい、大変申し訳ありません。

  • 2月29日、3月1日の技術書典8の池袋サンシャインシティ開催を中止します
  • オンラインでの開催「技術書典 応援祭」へ変更とします
  • 技術書典 応援祭では紙面・電子版ともに技術書典Webサイトでの販売のほかBOOTH、とらのあなと共同での委託・販売キャンペーンを予定しています

昨日の2月16日に「不要不急の集会自粛」について報道がありました。あわせてIT企業各社の集会禁止、自宅勤務要請も報道されております。みなさまの安全確保が困難であると判断したほか、当日スタッフの確保の見通しが立たなくなりました。楽しみにしていた皆様には申し訳ありませんが開催中止となります。

出展者のみなさまへ

今回、出展を予定していたサークルに対して次回開催での優遇措置を予定しています。オンライン開催「技術書典 応援祭」とともに詳細は後日お知らせとさせてください。
出展料の返還につきまして精査を予定しておりますが現時点で会場費のみでも600万を超えていることから返金額は0円となる見込みです。ご理解いただけますと幸いです。

更新 以上

以下元の告知

今回の新型コロナウイルス感染症の流行は我々も憂慮し、連日対策を協議してまいりました。本日、技術書典8の開催にあたって運営責任者として次のとおり発表いたします。
対象は660以上の出展者・15社の協賛企業のみなさま、そして技術書との出会いを楽しみにして下さっている来場者のみなさまです。

  • 2月15日をもって技術書典8の開催を決定事項とする
  • 出展者が新型コロナウイルス感染症の流行/罹患の可能性を理由にキャンセルする場合は返金を行わない
  • 上記を理由にキャンセルした場合でもペナルティは発生しない
  • 全時間帯での規制入場を実施する。混雑緩和を目的としており、Webサイトでチケット取得が必須かつ有料・無料時間帯とも規制入場の対象です

ただし利用する会場の規定等により関連省庁からの要請・公共交通機関の停止がある場合、やむなく開催を中止する可能性が留保されます。
具体的には厚生労働省・政府発表・開催地管轄の保健所などからの集会の自粛要請/外出禁止令または公共交通機関の停止に至る事故(悪天候等による停止の可能性を含む)を想定しています。

規制入場のため有料時間帯/無料時間帯を問わず、すべての来場者は技術書典Webサイトへのユーザー登録が必須となります。流量の制限により会場混雑を緩和することを目的としたものです(これらは技術書典7から部分運用を開始し、検討を進めていた施策ですが今回より前倒しての全面導入とします)。チケットの取得は事前販売と同様で、今回は有料・無料ともに時間帯ごとにチケットがあり、当日ももちろん取得できます。あわせて入場時にチケット券面QRコード読み取りを実施し、参加者の入場時刻把握と全参加者への連絡手段の確保して万が一の場合に備えます。もし参加前に体調不良を感じた場合には、参加をご遠慮ください。またスタッフの健康チェックも含めた会場での対策もまとまり次第、公表予定です。

厚生労働省からも新型コロナウイルス感染症について、随時更新されています。
出展者のみなさまにおかれましても体調管理を優先し決して無理をなさらないようにしてください。当日は次のとおり感染症対策をお願いします。

  • 花粉症の季節でもあります。特に咳、鼻水などの症状がある方はマスクを着用してください(他の方への飛沫感染を防ぐため)
  • トイレ後、食事前には手洗いの励行をお願いします
  • 咳エチケットの徹底
  • 少しでも体調に不安(発熱・倦怠感など)があれば当日でもかまいません。キャンセルの連絡をください
  • 消毒用アルコールを設置予定です。入退場の際にご利用ください

ここに記載していない内容でも検討を続け、出来得る限りの対策を実施してまいります。
この度の対応は苦渋の末の選択であり、2月、3月実施のカンファレンス、各種即売会、東京国際展示場などで実施している大規模展示会などを可能な限り調査しました。また印刷の都合などを考えるとこれ以上、発表を遅らせることも難しくありました。我々の決断にあたって難しいと感じた点は、技術書典は運営者によってのみ成り立つものではない点が多いという事実です。

  • 出展者は4ヶ月にわたり執筆活動に勤しみ、自らの資金を持って書籍を制作している点(いわゆる自費出版であること)
  • 技術書典という場において実質的な経済活動が発生している点(中止の場合、出展者に大幅な赤字が発生し、困窮が予想されること)

技術書典は技術を好きな人々が思い思いに情熱をかたちにかえ、伝えるお祭りです。このような事態に際して出展者は参加であってもキャンセルであっても苦しい思いが残るはずです。
お互いが決めた決断に敬意を払って接し、非難するような言動は避けてくださると大変うれしく思います。

しかしながらこのような事態に際して運営一同、技術書典がもっと何かできるのではないか?ということを考えた結果、次のことを追加でやろうと決めました。合わせてお伝えします。

  • 技術書典8を本会として技術書典のオンライン開催「技術書典 応援祭」を実施します
  • 技術書典8出展者のみなさまが出展参加の対象です
  • 3月上旬を目処にインターネット上で技術書典が開催できるように調整中です
  • 詳細は後日発表を予定していますが紙版、電子版ともに扱えるよう開発/調整しています

技術書典はこれまでオフラインでのお祭りでした。以前にもブログでお伝えしていた新UI(React Native化)などプラットフォームの刷新は長期的にはオンライン開催など新機能追加を見据えての変更ではありましたが、
本件を受けて昼夜を問わず開発をしています。突貫の作業のため、できることできないことがあると思いますがオンラインでも発見する楽しみを提供できればと考えています。
近々、詳細を公開予定です。いましばらくお待ち下さい。

出展者・協賛企業・来場を予定しているみなさま、当日まで健康状態に注意してください。決して無理をしないようにお願いします。

最後に出展者向けのQ&Aを掲載いたします。

Q. コロナウイルスが不安なため、出展をキャンセルしたい
A. 技術書典運営事務局までご連絡ください。返金はご容赦いただいておりますが、ペナルティ等は発生しません。

Q. 出展をキャンセルしたがオンライン開催の「技術書典 応援祭」には参加したい。可能でしょうか?
A. はい。誰もが楽しめるように頑張っています。我々はどのようなかたちでも技術を伝えることを支援したいです。

Q. 出展者です。技術書典8の参加にあたって人が減りそうだが、運営事務局で対応はなにかありますか?
A. 技術書典8当日は参加者の買い周りを推進する「かんたん後払い」割引キャンペーンを計画しています。ぜひ「かんたん後払い」の登録をご検討ください。

Q. 出展当日にあまった在庫はどのように扱えばいいですか?
A. 技術書典8ではダイレクト入庫など委託事業者の案内・その場での委託を行っています。店頭やWebでの通販を委託できます。また「技術書典 応援祭」でもサポートを調整中です

Q. 出展者です。キャンセルしたサークルさんの書籍を、うちのサークルで委託として引き受けて技術書典8で頒布することは可能ですか?
A. はい、許可制とはなりますが可能です。2月29日、3月1日の技術書典8で委託を受ける際の申請窓口は、このあと開く予定です。頒布物登録だけは忘れずにおねがいします。

以上、よろしくおねがいします。

ダイレクト入庫・かんたん後払い登録開始・会場への宅配搬入情報などのお知らせ

こんにちは、技術書典のWeb担当 @vvakame です。

イベント当日まであと3週間弱です。ビビりますね…。
Webの開発は続々継続中です。
今しばらく様々な地殻変動が生じると思いますがお付き合いください。
よろしくおねがいします!

働きすぎ疑惑

さて、本日はお伝えしたいことがたくさんあります。

  • かんたん後払い、リニューアル着々!
  • BOOTHさま、とらのあなさま によるダイレクト入庫、今回もあります
  • 宅配搬入について
  • Webシステムに “組織” の概念を導入しました

かんたん後払い、リニューアル着々!

かんたん後払いは、口座情報を一度登録すれば良いかたちへリニューアルしました。
最初の1回だけ、お手数をかけますが口座情報の入力をお願いします。
もちろん今後、再登録の必要はありません!

https://techbookfest.org/mypage
手順は2段階あります。
サークル情報編集 より後払い規約への同意をお願いします。
組織設定 より売上金を振り込む口座情報の入力をお願いします。

サークル編集画面での規約同意の様子 組織設定の様子

かんたん後払いは購入者は専用アプリを使ってQRコードを読み、支払いを後日まとめて行える便利なシステムです。
運営事務局が提供する公式の仕組みです。サークル参加での、かんたん後払い4つのメリットはこちら。

・全サークルのうち80%以上が利用!
参加者はかんたん後払い対応サークルでのお買い物がはかどります。領収書も決済代行サービスから発行対応!

・売上金の未回収リスクは運営負担
 万が一、購入者がまだお支払いしていない場合でも運営が代金を建て替えてお支払いしますので安心です!

・低コスト!かんたん後払いの振込手数料は決済総額の2%
購入者には一切の手数料負担はありません!
クレジットカード等の決済手数料との差額費用を運営が負担し、購入を促進します!

・売上金の振込は購入日から7営業日の迅速対応
お振込みは3月9日です。振り込み名義はテックベース(ドです。

※手数料や振込までの時間、お支払い条件は技術書典8時点での情報です。
将来的に同一であることを保証するものではありません。支払い条件など詳細は利用規約を確認してください

ダイレクト入庫、あります!

技術書典で提供しているダイレクト入庫サービスは、会場で直接、事業者へ販売委託を依頼できます。

  • とらのあなさま
  • BOOTHさま

上記2社にご協力いただき、頒布物情報からの事前受付も可能です。技術書典以外の皆様の技術を届ける販路です。
各社の説明文をご確認いただきまして、ご利用を検討ください。

出張 BOOTH倉庫サービス

前回大好評だった【出張 BOOTH倉庫サービス】を技術書典8でも実施いたします!
部数を多く印刷してしまった!なんて時には、ぜひBOOTH倉庫サービスをご活用ください!
倉庫利用料1,000円(税別)/月、販売率20%以上で倉庫利用料は無料!決済手数料は3.6%!
事前に注文を受け付けられる予約販売もご利用いただけます。

また、会場から倉庫までの送料は本来であればお客様負担のところ、
技術書典8の会場でお預かりした商品に限り、送料無料・BOOTHが負担いたします!
1サークル1箱までの条件となりますが、160サイズまでお受けします!
会場で皆様のお越しをお待ちしております!

とらのあな事前申込

技術書の委託販売は『とらのあな』にお任せください!
通販はもちろん、とらのあな店舗でも販売させていただきます!
・イベント会場にて『無料』でお預かりいたします!
・同人誌業界最速レベルの出荷スピードとWebページ掲載!
・とらのあな店舗(秋葉原)にて『技術書特設コーナー』を展開!自筆された本が書店に並びます!
・とらのあな通販Webページの『技術書特集ページ』に掲載!世界中の人にあなたの技術書をお届け可能です!
特設サイト:
https://news.toranoana.jp/124313


※技術書典ウェブサイトのマイページよりサークル編集から編集画面(イベント申込修正)へお進みください。
委託を利用することに同意いただくと自動的に頒布物情報が連携されます。

Q. 当日に申し込んでも利用できますか?
A. はい。2社とも当日申込みで利用可能です(手続きにお時間をもらうかもしれません)。

Q. 事前に申し込んだけど使わない…でも大丈夫ですか?
A. はい。大丈夫です。当日の状況に応じてご相談ください。

ヤマト運輸さまによる会場への宅配搬入の情報を公開しました

詳細はサークル参加要項の宅配搬入を参照してください。

前回から引き続きクロネコヤマトさんに宅配搬入を行っていただきます。
クロネコヤマトさん以外の業者による宅配搬入は対応できません。ご了承ください。
次の条件で荷物を預けていただけなかった場合、会場にて荷物が受け取れない可能性が高くなります。

  1. クロネコヤマトを利用して
  2. 下記の識別票を元に、自分のサークル用の識別票をカラーで印刷し貼った荷物を
  3. 代金を元払いし
  4. 〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-4 池袋サンシャインシティ 文化会館2F 展示ホールD宛に
  5. Day1の2月29日(土)に参加する場合
    1. 2月29日 時間指定なしで (必ず時間指定なしです 事務処理の都合上)
    2. 2月27日までを目安に発送する (早め早めでお願いします 特に遠隔地から発送の方)
      発送時、すべての荷物の側面に下記の識別票を自分用にカスタマイズした上で添付してください。
      Day1識別票
  6. Day2の3月1日(日)に参加する場合
    1. 3月1日 時間指定なしで (必ず時間指定なしです 事務処理の都合上)
    2. 2月28日までを目安に発送する (早め早めでお願いします 特に遠隔地から発送の方)
      発送時、すべての荷物の側面に下記の識別票を自分用にカスタマイズした上で添付してください。
      Day2識別票

よくあるご質問
Q「時間帯指定なし」で大丈夫ですか?
A はい。宅配業者よりの指示です。必ず「時間帯指定なし」にしてください

Q 前回と比較して住所の前に「北東京ベース気付」がなくなっていますが大丈夫ですか?
A 今回は2日間つづいての開催となり中継局留めではありません。日付を間違わないように送付ください

Q クロネコヤマト以外で送ってしまいました。受け取れますか?
A 残念ながら受け取れません。事故の元となるので必ずクロネコヤマトをご利用ください

Webシステムに “組織” の概念を導入しました

開発こぼれ話のコーナーです。
今まで、サークル出展情報はイベント毎に独立していて、連続性がありませんでした。
複数回サークル参加されている方は次のようなマイページになっているかもしれません。

サークル一覧

このデータ構造には不便な点があり、これを解消するために構造を大きく組み替えている最中です。
頒布物情報がイベントを超えて引き継がれないため、イベント毎に既刊情報を入力しなければならなかったり、見本誌回収時に過去に回収したことが判別しにくかったりしました。
こういった問題を徐々に解決していきたいところです…(今回はさすがに間に合わなさそう…かな?)

組織が生えてきた様子

新しいWeb UIをデフォルトで有効にしました

こんにちは、技術書典のWeb担当 @vvakame です。
01月24日にお知らせした新しいWeb UIをデフォルトで有効にしました!
…することができました……!

Opt-Inでリリースしてから約半月、特に大きな問題もなく、さらなる細かい改善もたくさん盛り込むことができました。
開発チームはこれに自信を得て、今日デフォルト化に踏み切りました!
新UIにOpt-Inし、利用してくださった方々、大変ありがとうございました!

新UIをリリースしましたが、不測の事態に備えて旧UIに戻す設定も残してあります。
運営事務局からのサポート時など、限られた状態で使う想定です。
今後、技術書典8までの1ヶ月足らずの間にも新UIにしかない設定項目などが増えていく予定もあります。
よって、旧UIからの操作は基本的に行わないでいただきたいです。
ご協力よろしくおねがいします。

もし、不具合など発見した場合はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

技術書典8 参加サークルへのお知らせ(託児施設)

こんにちは、技術書典のお知らせ担当代打の@vvakameです。

託児施設のご案内

小さなお子さんをお持ちの保護者の方も気兼ねなくサークル出展を楽しめるよう、前回(技術書典7)に続いて技術書典8でも託児施設をご用意しました。前回同様、利用料金は運営事務局が全額を負担し、出展者は無料でご利用いただけます。

  • 時間:9:30~18:30(9時間)
  • 料金:無料
  • 定員:各日12名前後(お子様の年齢構成により、定員を調整する場合があります)
    • 技術書典8は2月29日(土)・3月1日(日)の2Days開催です
    • サークル参加者として出展される日のみご利用いただけます

託児施設の詳細につきましては、2/5にサークル代表者にお送りしました「技術書典8 託児・サークル通行証のお知らせ」というメールをご確認ください。

お子様の安全のため、詳細については託児事業者と直接のやりとりをお願いしています。お預かり可能な年齢、託児会場などの詳細につきましてはメールに記載のURLより直接託児事業者までご確認ください。

技術書典8 サークル通行証(サークルチケット)について

こんにちは、技術書典のお知らせ担当代打の@vvakameです。

技術書典8におけるサークル通行証についてお知らせします。

サークル通行証は電子化されています

技術書典ではサークル参加者が入場時に使用するサークル通行証(いわゆるサークルチケット)が電子化されています。

サークル参加の皆さんがサークル通行証を使用する時の手順は次のとおりです。

事前準備

当日、サークル通行証で入場する方は必ず技術書典のサイトでのユーザー登録が必要となります。(ひとつのユーザーアカウントやサークル通行証を複数名で共用はできません)
サークル代表者はサークル通行証を渡したい相手に「技術書典のサイトでユーザー登録をして、登録したメールアドレスを事前に教えてください」と伝えておきましょう。
また、両日参加のサークルもいますが、Day1である1日目(土)とDay2である2日目(日)でサークル通行証は独立して発行されます。これは各日程ごとにサークル参加者が違うことを考慮しての措置です。もうちょっと使いやすくなると僕らも嬉しいですが今回は個別にサークル通行証の割り振り作業を行ってください。

サークル通行証が送付されたらやること

2020年2月15日ごろに運営事務局よりサークル通行証をサークル代表者へ送付します。(デフォルト2枚)
サークル通行証が送付されたら以下の手順で使用します。

※ サークル参加要項では2月8日に送付の旨お知らせしていましたが、事前準備の遅延のため2月15日に変更いたします。ご了承ください。

  1. サークル代表者は次の手順で使用ユーザーを割り当てます
    1. マイページ→管理中のサークル→「サークル通行証」を押します
    2. 「使用ユーザー割当」を押して、サークル通行証を渡したい相手のメールアドレスを入力します
    3. サークル代表者自身がサークル通行証を使用する場合は、自分自身のメールアドレスを入力して割当を行ってください
    4. サークル通行証は未使用であれば使用ユーザーの割当をやり直すことが可能です
  2. 使用ユーザーは次の手順でサークル通行証を使用します
  3. 当日受付にてスタッフが使用ユーザーのQRコードを読み取り、出展者通行証の入ったネックストラップと引き換えます
    • サークル通行証の使用は1回のみです。1回QRコードを読み取って使用するとロックされるため使い回すことはできません。絶対に他の人と共用しないでください
    • 出展者通行証の入ったネックストラップを首にかけていただくことで、サークル参加者として入退出ができます
    • 出展者通行証の入ったネックストラップがないと再入場できませんのでご注意ください
    • いったん外へ出て、他のサークルメンバーに出展者通行証が入ったネックストラップを渡して交代することも可能です
    • 1日目(土)のサークル通行証またはネックストラップで2日目(日)に入場することはできません。両日参加する方は2日間とも受付していただく必要があります

当日までに上記の手順で共著者や売り子さんへのサークル通行証の割当を行い、QRコードの表示までできることをご確認のうえ、ご来場ください。

※ 特別な注意として今回、安全管理強化のため出展スペースへの立ち入りルールを試験的に変更しており、運営事務局指定の「出展者通行証の入ったネックストラップ」の着用を義務化しています。出展スペースへの立ち入りは「出展者通行証の入ったネックストラップ」を交換してください。
※ 当日に不測の事態・人だかりなどで立ち入り人数を増やす必要がある場合、運営事務局のスタッフまで遠慮なくお声がけください。

画像でわかる!サークル通行証の使い方

マイページのサークルのところにサークル通行証ボタンがある
使用ユーザ割当を押して割当を行う
自分に通行証が割り当てられたらマイページにボタンが出るよ
自分の通行証をQRコードで表示できればOK

サークル通行証の追加希望について

サークル通行証の追加付与につきましては、当日の頒布数等やオペレーション予定(配布計画)を参考に対応をいたします。追加のご要望は2月14日まで以下のフォームにてお伺いしますが、必ずしもご希望の枚数をお約束できるものではないということを予めご理解ください。

またサークル通行証追加の可否につきましては、サークル代表者へ付与されたサークル通行証の枚数をもって回答とさせていただきます。追加の可否やその理由についてメール等で個別にお問い合わせをいただいても、技術書典運営事務局より回答はいたしませんのでどうぞご了承ください。

なおサークルに割り当てられるのは机半卓(横90センチ×奥行45センチ)、椅子2脚ほどのスペースとなります。サークルのスペースに出入りされる際は周辺にご注意ください。
繰り返しになりますが今回よりネックストラップを首からかけていないひとは出展スペースへ入れません。 売り子さんが入れ替わる場合、ネックストラップの引き継ぎをよろしくお願いいたします。

事前準備をしっかりと行って、当日はばっちり楽しみましょう!

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×