「はじめてのサークル参加meetup」と「サークル連絡会」を開催します

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

6月後半に「はじめてのサークル参加meetup」と「サークル連絡会」を開催します!

「はじめてのサークル参加meetup」と「サークル連絡会」を開催

初参加のサークル向けに「はじめてのサークル参加meetup」を計3回開催!

技術書典では「やってみたい気持ちはあるけど、初めてだからあれこれわからなくて不安・・・」という初参加サークル向けに、本の書き方や当日までどんなスケジュールで何を準備すればいいのかを教えるmeetupを開催しています。参加に際しての疑問があれば運営スタッフに直接質問もできます。

技術書典に初めてサークル参加される方、そして初参加しようか迷っている方は、ぜひ「はじめてのサークル参加meetup」にお越しください。事前にconnpassでの申し込みをお忘れなく!

「サークル連絡会」も開催!

技術書典6の振り返りや技術書典7での新たな試み、スケジュールなどサークル参加予定のみなさんが気になる点を詳しくお伝えする「サークル連絡会」も開催します。

Twitterの技術書典公式アカウントもフォローしておこう

また今後も提出物の〆切や重要な告知などを見落とさないよう、サークル参加予定の皆さんは技術書典公式Twitterアカウントをフォローしておくことをオススメします!

サークル参加申込は6月いっぱいまで!

技術書典では出展者のうち3~4割が初参加のサークルさんです。はじめての方でも、ぜひ技術書典7にお申込みください。我々は新刊が大好きなので、初参加のサークルさんも大好きです!

本を生み出すため、少しの勇気をもってサークル参加し、そして締切に背中を押してもらってください。

「はじめてのサークル参加meetup」と「サークル連絡会」へのご参加、そしてサークル参加申し込みを心よりお待ちしております!

技術書典7 開催のお知らせ

今回のヒーロー(ラフ)

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです!
本日、技術書典7のウェブサイトを公開しました!

技術書典7の実施要項は次のとおりです。
出展されるみなさまの申込みをお待ちしています!

  • 日時 2019年9月22日(日) 11:00〜17:00
  • 場所 池袋サンシャインシティ 展示ホールC/D (文化会館ビル2/3F)
  • 主催 TechBooster/達人出版会
  • 一般参加費は入場券の前売りを含めて検討中です。前回は時間帯によって有料でしたが、フロア増設に伴い混乱しない方法を検討しています

技術書典7 サークル参加の流れ

技術書典のサークル参加は次のような流れで進んでいきます。

今回は色が付いている①~④について詳しく説明していきます!

サークル参加の流れ

①ユーザー登録

先ずは技術書典の公式サイトから、利用規約とプライバシーポリシーを確認した上でユーザー登録を行いましょう。

②参加要項とガイドラインを熟読

サークル参加申込の期間(2019年6月中)であれば初日に申し込んでも〆切ギリギリに申し込んでも、サークル参加の当落には全く影響しません。まずはサークル参加要項サークル向けガイドラインをじっくり読みましょう。たとえば未入金による落選は次回以降の参加でペナルティになる、など重要なことがたくさん書いてあります。

また技術書典の主宰(@mhidaka)による技術書典6のアンケート分析や、技術季報 vol.6なども、前回の様子を把握するための役に立つはずです!

③サークル参加申し込み(~6/30 23:59)

ではいよいよサークル参加の申し込みをしましょう。

参加コース、サークル名、公開用ペンネーム、持ち込み部数などは後から変更ができません。特にサークル名はしっかり考えてから申し込みましょう。

技術書典ではサークル参加者のうち3~4割が初参加ということもあり、初めての申込フォームを前に「ここには何を書けばいいんだろう?」と戸惑ってしまう方も少なくないと思います。サークル参加申込時の注意点をいくつかお伝えします。

注意点1: 一般区分とパトロン区分って?

サークル参加には前回同様、一般区分(7,000円)とパトロン区分(20,000円)の2つがあります。詳細はサークル参加要項に記載していますが「技術書典の開催を応援したい!」「とにかくお金をたくさん払いたい!」という方はパトロン区分でお申し込みください。

どちらの区分で申し込んでも、サークル参加が多数となった場合の当落やサークルの配置場所、サークルチケットの枚数などには一切影響しません。パトロン区分はあくまで公式ファンブック 技術季報の巻末にスペシャルサンクスとしてサークル名が掲載され、感謝される名誉職です。

協賛企業によるスポンサーの枠については後述します。

注意点2: 持ち込み部数は重要な数字

入力項目にある「持ち込み部数」には当日持ち込む本の総冊数をできるだけ正確にご記入ください。

紙の本は容積を持っているため、たくさん持ち込むとどうしても専有する空間が増えてしまいます。参加サークルさんがなるべく快適かつ安全に過ごせるよう設計するため、この「持ち込み部数」はとても重要な指標となります。

例えば既刊の「はじめてのGo言語」を100冊、新刊の「究極!TypeScript」を200冊持ち込む場合、「持ち込み部数」には総冊数となる300を記入してください。

持ち込み部数はできるだけ正確に記入しよう

参加申込時点での部数の見積もりが中々難しいことは我々も承知しています。できる限りで構いませんので、生み出す本のジャンルや他サークルさんの情報も参考に「この部数を持ち込むつもりです」という値を見積もって記入いただけますと助かります。ご協力をよろしくお願いいたします。

注意点3: タグはしっかり記入しよう

入力項目の「タグ」はサークル半自動配置の用途で利用します。一般参加者向けに情報を公開する時にタグも公開するかは現在検討中です。タグにはたとえば「Web, TypeScript, Go, M5Stack, 失敗談」のようにサークルや頒布物を表す単語を1~5つ入力してください。

タグは、「タグが被ったサークルとご近所さんになりやすい」「珍しいタグが被るとかなりご近所さんになりやすい」という感じで効果を発揮しますので、できるだけしっかり考えて書いてください。

タグはしっかり考えて1~5つ入力しよう!

タグがきちんと入力されていなかった場合、全然違うジャンルの島に配置されて独りきりの未来が待っているかもしれません。またタグを入力する際は、不要なカンマが入ってしまったり、全部ひとつながりになってしまわないようご注意ください。

不要なカンマが入っていませんか?

タグが全部ひとつながりになっていませんか?

「タグ」は後から追加・修正もできますので「入れ忘れた!」「申し込み後に新刊の内容が決まった!」というときはマイページから申込〆切(6月30日 23:59)までに追加・修正してください。

注意点4: 託児サービスの用意を検討中

技術書典7では小さなお子さんをお持ちの保護者の方も気兼ねなくサークル出展を楽しめるよう、会場にて託児サービスの用意を検討しています。

現時点ではまだ「検討中」ですので正式な募集はまた決まり次第行いますが、「もし託児が可能なら利用したい!」という方は、サークル参加申し込みの際にぜひ備考欄にてお子さまの年齢、人数をお知らせください。制度設計の参考にさせていただきます。

注意点5: 技術書典かんたん後払い 支払い方法を登録しよう

技術書典ではQRコードを読み込んで本を購入し、後でまとめて支払う「かんたん後払い」という技術書典独自のシステムがあります。

利用者の急増に伴い、手数料無料での継続が難しくなりました。試験的にPaypal、Stripeの手数料の一部を負担いただきます
今回から売上金額の振込時に所定の振込手数料2%をいただきます。
各社の決済システム利用のための費用の半分を運営が支援し、残り半分が出展者が負担という形になります。

「かんたん後払い」に対応したいサークルの皆さまは、サークル参加申し込みの際にこちらで売上金を振り込む口座情報を登録しておいてください。

技術書典かんたん後払い 売上金を振り込む口座情報を登録しておこう

技術書典6の当日、サークルで「かんたん後払い」を利用するには口座情報の入力が必須となります。

技術書典3からはじまった「かんたん後払い」も今回で5回目となります。ぜひご利用ください。

④当落通知(7/10)

申込サークルが多数の場合、サークル参加の当落は7月10日(水)にマイページにて発表されます。

このとき落選であれば当落状況:落選、そうでなければ当落状況:入金待ちと表示されます。入金待ちと表示されていた場合は「⑤参加費用を支払う」に記載のとおり、7月17日(水)までに速やかに参加費をご入金ください。参加費の入金が確認でき次第、当落状況:当選となります。

会場に配置可能な数のサークルだけが入金待ちになるため、もし当落状況:入金待ちから未入金により落選となってしまった場合は次回以降の参加にペナルティがあります。

もし未入金による落選が発生した場合でも、時期的に難しいため落選サークルさんの繰り上げ処理は実施しません。つまり「未入金による落選」は、その枠で参加できたかもしれない別のサークルさんが落選してしまったことを意味します。

申し込みに際して勢いは大事ですが、「当選したら絶対に参加するぞ!」という意志を固めてから申し込むようにしましょう。

Twitterの技術書典公式アカウントもフォローしておこう

申し込みが完了したら、今後の提出物〆切や重要な告知などを見落とさないよう、技術書典公式Twitterアカウントをフォローしておくことをオススメします!

初参加のサークル向けに勉強会も開催!

技術書典では「やってみたい気持ちはあるけど、初めてだからあれこれわからなくて不安・・・」という初参加サークル向けに、本の書き方や当日までどんなスケジュールで何を準備すればいいのかを教える勉強会を開催しています。参加に際しての疑問があれば運営スタッフに直接質問もできます。

今回も2019年6月中に開催予定です。詳細が決まりましたらアナウンスしますのでconnpassの技術書典コミュニティのメンバーになっておいてください。勉強会の日程が決まり次第、告知が届きます。

技術書典のスポンサーを募集しています

お陰さまで技術書典は回を重ねるごとにサークル参加の申込数が増加しております。規模の急拡大を続ける「技術のお祭り」こと技術書典を、スポンサーという形で応援くださる協賛企業を募集しております。

本資料は技術書典のウェブサイトにて広く公開しております。もしご自身の所属企業や、ご友人・石油王などで関心のありそうな方をご存知でしたらシェアしていただけると嬉しいです。

技術書典7では会場は前回の2倍の広さ(約6000平米)となり、出展参加サークルは600~700、来場者数は15,000人を受け止める計画です。

エンジニア15,000名の知識・技術に対する欲を支えたい!という企業にぜひスポンサードをご検討いただきたいと思っております。詳細なプラン、問い合わせ先については資料をご確認ください。

誰もが安心して楽しめる技術書典であるために

「技術書典」は新しい技術に出会えるお祭りです。技術書を中心として出展者はノウハウを詰め込み、来場者はこの場にしかないおもしろい技術書をさがし求める、そんな技術に関わる人のための場として我々は技術書典を開催しています。

回を重ねるごとに規模が大きくなる技術書典において、誰もが安心して新しい技術との出会いを楽しめるよう、次のとおり新たに行動規範とアンチハラスメントポリシーを定めました。これまでも参加要項で禁止されていた事柄などをあらためて分かりやすく記載しています。

この行動規範及びアンチハラスメントポリシーはサークル参加者、一般参加者、スポンサー、スタッフも含めた、技術書典のすべての参加者に適用されます。

みなさんのご協力が、これからの技術書典をより良いものにしていきます。文化や考え、習慣は個々人で異なることを前提とした上で、「技術書典がどんな気持ちで何を大切にしているか」をご理解いただき、これらを技術書典に参加される際の判断や行動のよりどころとしていただければと思います。

そして今回より規約、ポリシーを見やすく一箇所に集めています。契約そのものの確認、ポリシーや参加者相互の理解に役立つよう、簡単な説明もあります。

皆さんのご参加を心よりお待ちしております!

「技術書典」は技術のお祭りです。ハードウェア、ソフトウェア、開発環境、コンピュータサイエンスからその他科学・工学全般、開発ノウハウや体験談に至るまで、ITや機械工作とその周辺領域などあらゆる技術書を対象としています。皆様の面白いと思うアレやコレやをぜひ、本という形で練り上げて披露しに来ていただきたいと思っています。

技術書典では出展者のうち3~4割が初参加のサークルさんです。はじめての方でも、ぜひ技術書典7にお申込みください。我々は新刊が大好きなので、初参加のサークルさんも大好きです!

本を生み出すため、少しの勇気をもってサークル参加し、そして締切に背中を押してもらってください。

皆さんのサークル参加申し込みを心よりお待ちしております!

開催直前!技術書典6 参加サークルへ大切なお知らせ

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

いよいよ技術書典6が近づいてきました!
開催を目前に控えて、サークル参加の皆さんへいくつか大切なお知らせがあります。

かんたん後払い用のコンテンツアップ

今回よりかんたん後払いに「ダウンロード機能(β)」が加わったため、かんたん後払いを使って次のようなことが簡単に出来るようになりました。

  • 書籍を買うと電子版もダウンロードできる
  • 書籍が売り切れても電子版で販売継続

マイページから頒布情報に進んで「ユーザダウンロード用データをアップロードする」を押すと、購入者にダウンロードさせたいデータを1つ設定できます。アップロードできるのはPDF、epub、zipのいずれかです。

ダウンロードさせたいファイルを設定

ダウンロード用データは複数回アップロードできますが、ユーザがダウンロード可能なのは最新の1つのみですのでご注意ください。目のマークが付いているのがダウンロード可能なファイルです。

ダウンロード可能なファイルに目のマーク

ダウンロード用ファイルをアップしておくと、サークル詳細のページで頒布物に赤字で「DLC有」と表示されます。

頒布物に対してダウンロード用データの設定は必須ではありませんが、便利な機能ですので是非ご利用ください。

立ち読み広場への本提出について

前回に引き続き、技術書典6でも会場内の出口付近に「立ち読み広場」を設けます!「立ち読み広場」は、参加者の方が各サークルの新刊・既刊(の一部)を立ち読みできるスペースです。

立ち読み広場は出口付近の「催事スペース」のところ

こちらの「立ち読み広場」用に提出いただく本を募集いたします。

これは見本誌とは別物です。「立ち読み広場」への参加は必須ではありませんので、参加を希望される場合のみ「立ち読み本」を提出ください。

当日、各サークルのテーブル上にあらかじめ「立ち読みシール」を配布しておきます。必要事項を記入して本の裏表紙下部に貼ったら出口付近の運営詰所までお持ちください。シールが足りない場合は運営詰所まで取りにいらしてください。

なおイベント終了後、立ち読み本の回収を希望する場合は運営詰所までお越しください。未回収の場合は運営にて法令に基づき処分をいたします。

不要なダンボールの回収場所

ダンボールは「荷物作業スペース」にて運営が回収、廃棄しますので随時お持ちください。
自サークル以外の場所には許可なく段ボールや荷物を置かないようご注意ください。

なおダンボール以外のゴミは必ずお持ち帰りください。

段ボールの回収場所は入口から入って突き当たり

ダイレクト入庫サービス

技術書典6では以下の委託事業者さまのダイレクト入庫を実施いたします。新刊/既刊の在庫委託先としてご検討ください。
※各社サービス内容が異なりますので当日担当者にお聞きください

  • 事業者:BOOTH、虎の穴
  • 時間:15:00~18:00(混雑状況により開始時間が遅れる可能性があります)
  • 場所:荷物作業スペース(2社分の机が並びます)

ダイレクト入庫サービスは荷物作業スペースにて受付

撤収時の宅急便受付

出展者撤収時間で利用可能な宅配業者を手配しています。在庫や荷物を送りたい方はこちらをご利用ください。場所はダイレクト入庫サービスと同じ「荷物作業スペース」です。

  • 宅配業者:ヤマト運輸の受付が開設されます
  • 時間:17:00~18:00
  • 場所:荷物作業スペース
  • 条件:着払いのみの対応です

ダンボール資材については用意できるかは不明ですので、搬入に使った資材はとっておくといいかもしれません。

サークル出展ブースの制限緩和

技術書典6では持ち込み物の高さ制限を緩和しました。

いままで150cmまでとお願いしておりましたが、安全性が確保されていれば高さの制限はありません。もっとも安定して、安全が確保できる高さにしてください。(ポスターなど自立するスタンドによる掲示を想定した緩和です。天井が近い、電気設備に近接するなど防災上の理由でお断りする可能性もあります)

またポスター以外たとえばのぼりやバルーンといった特殊な掲示物は、サークル向けFAQを更新しております。詳細は「持ち込み物について」等をご確認ください。

今回も会場は混雑を予想しています。スペース外への掲示物や荷物配置、通路での呼び込みなどは禁止です。当日を無事に、そして楽しく過ごせるよう皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

サークル通行証の割当と見本誌提出もお忘れなく!

過去にお知らせ済みですが、サークル通行証の割当と見本誌提出もどうぞお忘れなく!当日配布する「サークルべんりカード」と「見本誌提出袋」の使い方についても確認しておいてください。

なお見本誌の事前提出〆切は4月10日でしたが、〆切後であっても予め電子提出をしておいていただけますと、見本誌確認作業は技術書典当日に実施する場合とくらべて負荷が大変少なくなり助かります見本誌はできるだけ事前に提出いただき、やむを得ず当日提出になってしまう場合は頒布物情報だけでも事前にご登録くださいますよう、ご協力をお願いします!

事前準備をしっかりと行って、当日はばっちり楽しみましょう!

かんたん後払いシステム提供のお知らせ

技術書典 Web担当 vvakame です。
今回も引き続き*1*2*3、かんたん後払いシステムを提供します!
最近は色々なQRコード決済サービスが登場してきていますが、我々もう何回も動かしてるもんね〜みたいなドヤ顔をしています。

TL;DR

  • 機能的にはだいたい前回通りです
  • とでも思ったか!新たにダウンロード機能(β)を提供します
  • 今回も1サークル1QRコードです
    • 仕様上、ブログやSNSを使ってQRコードを拡散しないよう注意してください
  • 支払い期日が変わります
    • 購入者はイベント翌日以降、3営業日以内にお支払ください
    • サークル参加者は7営業日後を目処に売上代金を受け取れます
  • 前回は回線状況は良好でしたが、電子決済が使えない場合の手段もご用意ください
  • 今回もAndroid版、iOS版ともにReactNative製で @Nkzn 氏が担当しました
  • ダウンロード機能のUIデザインは @koji_koji さんが、UI実装は @mutoatu さんが担当しました

システム概要

主な仕様を解説します。

  • 後払いの決済システムを提供します。
    • 決済システムが利用可能なのは会期中のみです。
    • 後払いはイベント翌日以降にWebシステムのMyPage上でPayPalまたはStripeにてお支払いいただけます。
      • 3営業日以内にお支払ください
    • 支払いの準備完了の通知はメールと公式Twitterで行う想定です。
      • 担当者がイベントをハシゴするため 7営業日後 を目処に振込を行います。
    • 機能はお金の仲介と、コンテンツのダウンロード機能の提供があります。
  • 購入者は専用アプリを使ってQRコードを読み、支払いを行うことができます。
  • サークル参加者は購入されたものの一覧を見ることができます。
    • 上で説明されたアプリ内で確認できます。
    • 頒布物支払い状況ページでも確認できます。
  • 購入のキャンセルは、購入が行われてから5分以内であれば、サークル参加者側に限り可能です。
    • 購入者からのキャンセル操作はできないため、サークル参加者側に依頼しキャンセルしてもらってください。
    • 技術書典運営へのキャンセルについてのお問い合わせは、基本的にはサークル参加者側からのみ受け付けます。
    • サークル参加者側は必ずアプリの設定を済ませた端末を持参してください!!
    • 上記の仕様上、QRコードをブログやSNSなどで広い範囲にシェアするのは避けてください。トラブルが発生する懸念があります。
  • 頒布物のダウンロード機能(β)を提供します。
    • サークル参加者は自分の頒布物1つに対して1つ、ダウンロード用データを準備できます。
    • 購入者が本システムで購入し、支払いを完了すると頒布物のデータをダウンロードできるようになります。
    • 利用は必須ではありません。でも使うと便利だと思います。
  • システム利用料について。
    • 前回同様、今回もゼロで提供させていただきます(下の表参照)。
    • 購入者のPayPalまたはStripeの決済手数料は運営負担となります。
    • サークル参加者への振込手数料も運営負担となります。
    • 運営が負担している手数料の額が割と洒落にならなくなってきたので次回あたり覚悟しておいてください…。
  • 購入者は購入代金をイベント翌日以降、MyPage上でPayPalまたはStripeで決済できます。
  • サークル参加者は、イベント終了後7営業日後ほどで銀行口座から売上代金を受け取れるようになります。
  • 毎回利用率について、大幅に伸びております。ご愛顧いただきありがとうございます。
  • 仕様は今後調整する可能性があります。

技術書典6・かんたん後払い料金表

決済手数料請求手数料
無料無料

利用の前提条件

次の条件を満たしている必要があります。

  • 購入者
    • 技術書典Webサイトでアカウントを作成する。
    • アプリ上でログインを行う。
      • メールアドレス・パスワードでのログインのみです。
      • SNSによるログインは利用できません(ごめんなさい)。
    • アプリ上で電話番号を登録する。
      • 海外の電話番号からSMSで認証用の番号が送られます。
      • アプリの操作からSMSの到着まで、かなり時間にブレ(一瞬〜10分レベル)があります。
        • 事前に登録を済ませ、当日会場からの挑戦は避けたほうがよいです。
      • 気長に操作してください…。
  • サークル参加者
    • サークル情報編集画面で、技術書典かんたん後払いサービス利用規約を読み、同意する。
    • サークル情報編集画面で、売上の支払いを受ける方法を登録する。
      • 銀行振込のみです
    • 頒布情報の登録を行う。
    • 頒布情報の編集画面で決済用QRコードを得る。
      • QRコードを生成・閲覧可能なのはサークルオーナーだけです。
      • QRコードはサークルに対して1つ発行されます。複数回の決済に対して使い回しが可能です。
      • 紙に印刷、またはスマホなどのディスプレーに表示しっぱなしでの運用を想定しています。
      • サークルべんりカードを配布しますので当日QRコードの用意がなくても大丈夫です。

アプリの使い方

アプリの使い方はおおむね過去の説明と同じなので、そちらをご覧ください。

購入する際にQRコードをスキャンした後の画面のみ、過去の説明と異なっていますので説明します。

頒布物購入

QRコードをスキャンし、内容を確認して購入するのは以前と同様です。1サークルにつき1QRコードですので、スキャンすると複数の頒布物が表示されることがあります。

QRコードスキャンのテストをしてみたい方向けに、お試し用のQRコードを用意いたしました。

アプリでこのQRコードを読み取ると、「技術季報 vol.6」と「お試しセット」の2つが表示されます。
「お試しセット」の方は0円なので「購入する」ボタンを押して動作確認にご利用ください

実際にスキャンすると、次のような画面になります。

ここで、それぞれ購入したい個数を入力してから、「購入する」ボタンを押してください。

ダウンロード機能(β)の提供

vvakame が昔から欲しかったダウンロード機能(β)を今回(技術書典6)から提供します。
かんたん後払いで購入していただいた頒布物について、データのダウンロード機能をご利用可能です。

サークル参加者がやること

頒布物に対して、購入者にダウンロードさせたいデータを1つ、設定できます。

ダウンロード用データは複数回アップロードできますが、ユーザがダウンロード可能なのは最新の1つのみです。

頒布物に対してダウンロード用データの設定は必須ではありません。
でも、設定したほうが便利だと思います。

購入者がやること

まずは普通にイベントでかんたん後払いを利用します。
(頒布物に対してダウンロード用データが設定されているかどうかを知る方法は間に合えば実装したい…!けど間に合わないかも)

イベント翌日、運営よりお支払い可能になった旨のメールが届きます。
支払いを行うとダウンロード機能が利用可能になります。

その他

  • サークル参加者側への代金支払は、7営業日程度お時間をもらう予定です。
  • 本システム以外の決済サービスを排除する意図はありません。
    • 使ってみたいものを使ってみましょう。
  • 会場の電波状況が安定しているとは限りません。現金での決済準備もしておくことをおすすめします。
    • ちなみに前回(技術書典5)は普通に使えました。
  • サークル参加者側について
    • 前回配布した、はがきサイズのQRコード印刷済POPスタンドを今回も配布する計画です。
    • 頒布物情報の 技術書典での頒布は初めて チェックボックスは運営のデータ上かなり重要なので、付け忘れの無いように今一度確認お願いします。
    • サークル参加者側オペレーションのTips。
      • 前回の経験上、処理完了後に自分の端末で結果を確認するのは省いてもよいかもしれません。
      • 購入してくれた人の端末上の処理完了画面を見せてもらうのでも十分かも。
      • よりセキュアなのは自分の端末でも確認する方法なので、スループットと天秤にかけて調節してみてください。
  • 今回のシステム製造&改修担当者を簡単に紹介しておきます。
    • API製造&Web UI土台 @vvakame
    • Web UIデザイン @koji_koji
    • Web UI実装 @mutoatu
    • Androidアプリ製造 @Nkzn
    • iOSアプリ製造 @Nkzn

見本誌の事前提出窓口開設のお知らせ

技術書典 Web担当 vvakame です。
見本誌の事前電子提出窓口についてご案内します。

TL;DR

  • 見本誌の事前提出窓口を公式Webサイト上に用意しています。
    • 実は結構前から提出可能でした。
    • 締切は04月10日23:59:59です。
  • 見本誌の 事前提出は必須 です。
    • 当日も提出を受付けますがフォールバックとお考えください。
    • 前回は参加サークルの80%を超える約400弱のサークルさんにご協力いただきました。
  • 提出する必要のあるものは次の通り。
    • 提出の必要有り
      • 技術書典新刊(過去の技術書典で頒布したことがないもの)
    • 提出の必要無し
      • 技術書典既刊
      • 商業流通に乗っている本(いわゆる商業誌)
  • サークルべんりカードと見本誌提出袋についても見てね!

事前提出窓口について

見本誌の事前提出窓口を公式WebのMyPage上に開設しました。
こちらは前回と同様の仕組みになっております。

見本誌を提出していただいた後、運営側で内容のチェックを可能な限り行います。
このためイベントの3日前、4月10日23:59:59を提出締切とさせていただきます。
チェックの結果は、当日開場前にスタッフよりお伝えします。

当日の準備作業の省時間化を図るため、 事前提出が必須 となっています。ご協力よろしくお願いいたします。
提出するデータは実際に頒布する紙媒体と同等の内容となるようにしてください。
表紙と本文でファイルが別々の場合は確認のため、どちらも提出してください。
紙媒体だけに含まれるコンテンツ、電子媒体だけに含まれるコンテンツが存在する場合、紙媒体のデータおよび電子媒体の両方を回収対象といたします。

提出する必要があるのは、技術書典新刊の同人誌です。
技術書典新刊とは、過去の技術書典で頒布した実績のない同人誌を指します。
その他のイベント(例えばコミケなど)で頒布したことがあって、技術書典では頒布していないものも、技術書典新刊に該当します。
提出する必要がないものは、技術書典既刊の同人誌と、商業誌になります。
商業誌とは、商業流通に乗っている本のことを指し、出版社、企業による商業流通を経験していない本を同人誌に区分しています。
頒布物情報の 技術書典での頒布は初めて チェックボックスの状態を今一度ご確認ください。

キーホルダーや自作キーボードに代表されるハードウェア類は提出の必要はありません。
禁止されている頒布物などについてはサークル向けガイドラインを参照してください。
レビューなしに何かを頒布するのはどうしても不安だ、という方は当日運営ブースまで頒布物をお持ちください。

前回の見本誌事前提出では、参加サークルの80%を超える388サークルさんにご協力いただきました。
お陰様で、無事大きな混乱もなく開場にこぎつけることができました。
まことにありがとうございました。
今回もよろしくお願いします!

提出場所

公式WebのMyPage上から辿れます。前回も参考にしてください。

マイページから頒布情報に進む。

頒布物毎に見本誌が提出可能。

必要なファイルをpdf, epub, zipでアップロードできます。

終わりに

先日公開しましたサークルべんりカードと見本誌提出袋についてでも、当日の流れについて説明しています。
こちらの記事もぜひ読んでみてください。

見本誌の内容チェックについて、実は人間ができることはあまり多くありません。
ここをなるべく自動的にチェックしよう…!というプロジェクトが内部で動いていて、みなさんが今回提出してくれた見本誌データも半自動的にチェックされている…かもしれません!
詳しい話が今後担当している orfeon さんから出てくるかもしれませんね。

それでは、皆様ご協力よろしくおねがいします!

サークルべんりカードと見本誌提出袋について

こんにちは、技術書典のシステム監視担当 @sinmetalです。

技術書典ではイベント開催ごと効率化に取り組んできました。今回の技術書典6でも新しいチャレンジがあります。

今回ご紹介する内容は、当日の見本誌回収方法の変更サークル探しやすくするぞ大作戦です。

まずは見本誌の回収を効率化しつつ、目印となってサークルを探しやすくするため、今回新たに登場した「サークルべんりカード」と「見本誌提出袋」について説明していきます。

サークルべんりカードとは?

サークルべんりカードは次のようなハガキサイズのポップ(高さは147mmぐらい)です。

サークルべんりカード

サークルべんりカードには次の3つの役割があります。詳しくは後述します。

  • 見本誌を提出済みであることを示す
  • サークルを探すときの目印になる
  • 「技術書典かんたん後払い」に対応しているかを示す

サークルべんりカードは、技術書典6当日に皆様のサークルスペースの机の上に置いてあります。カードを置ける紙製のスタンドも一緒に配布しますので組み立てて見やすい位置に掲示をお願いします(掲示いただくのは撤収時にサークルで持ち帰るか破棄してもらうことでサークル以外の人が勝手に机を使うことを防ぎたいからです)。

見本誌提出袋とは?

見本誌提出袋は、名前のとおり「見本誌を提出するときに使う袋」です。当日は配置場所ごとの識別子をつけた見本誌提出袋と提出手順マニュアルを机の上に用意しておきます。

事前に見本誌を電子提出しなかったサークルは、提出手順マニュアルを確認の上、紙の書籍をこの袋に入れてご自身のサークルスペースにてお待ちください。

事前に見本誌を電子提出済みのサークルは、当日は紙の書籍は提出不要です。提出手順マニュアルを確認の上、袋に書籍は入れずにそのままご自身のサークルスペースにてお待ちください。

見本誌提出袋(イメージ)

これまでの見本誌の回収方法は運営スタッフでチームを組み、各担当ごと別れて作業していました。集計は手作業であったこと、スタッフ担当経験の差、間に合うかギリギリの状態でのストレス下での疲労など課題が多く、これ以上イベントが大きくなるとサークル入場から開場時間までの1時間では対応しきれなくなることは明白でした。

技術書典は過去6回、参加サークルの参加規約、ガイドライン遵守の精神のおかげで頒布停止措置は0の状態です。今回は電子提出の浸透、サークル参加の慣れなどを踏まえ、集計のオンライン化を前提とした効率化にチャレンジします。

あわせて参加サークルの負担をへらすために、当日提出の際に書いていただいていた見本誌票を廃止予定です。

事務局確認済シールは見本誌提出袋と引き換え

技術書典6での当日の見本誌回収は次のような手順です。

  1. 参加サークルは本を見本誌提出袋に入れてサークルスペースで待つ(当日提出)
     ※期限までに見本誌を電子提出済みであれば当日紙の書籍の提出は不要です
  2. 運営スタッフは各サークルを回って見本誌提出袋を受領
  3. 見本誌提出袋と引き換えに事務局確認済シールをお渡しします
  4. シールをサークルべんりカードに貼ってください
    ~この時点で参加サークルの作業は終了です。頒布開始できる11時をお待ち下さい~
  5. その後、運営本部で当日の見本誌チェックを行います
  6. 禁止事項の違反があった場合、頒布停止措置を行います
    ~11時までに全サークルの確認完了~
  7. 一般参加者入場

運営スタッフは見本誌提出袋と引き換えに「事務局確認済シール」をお渡しします。下記のように「事務局確認済シール」を「サークルべんりカード」に貼ってイベント終了まで掲示してください。

サークルべんりカードの見本誌提出状態のみかた

頒布対象となる書籍、頒布物の詳細、見本誌については技術書典6よくある質問を確認してください。また当日提出された見本誌は、回収後に運営本部で一生懸命見本誌チェックを行うことになります。メールにてアナウンス予定の電子提出窓口のご利用に可能な限りご協力いただけると助かります。

サークル配置場所の目印が増えました!

「サークルべんりカード」は、以前は「かんたん後払いPOP」という技術書典かんたん後払いのQRコードを印字した訴求ポップでした。「かんたん後払いPOP」には副次的な効果として一般参加者が目当てのサークルを探しやすくなる(Webのサークルリストと見比べて覚えている)統一インターフェイスの役割があり、良いフィードバックを得られていました。

今回から登場した「サークルべんりカード」では、かんたん後払いのQRコードの掲載に加えて、かんたん後払いを利用しないサークルにもメリットがあるようにすることで、サークルの位置をわかりやすく掲示する取り組みにつなげています。また「サークルべんりカード」の掲示に加えて、配置ごとののぼりも用意しました。費用がかかる方法でしたが多くの企業にスポンサーとして協賛してもらえたこともあり実施が実現しました。

サークル配置のぼり

当日の会場は、これまでの調査で頒布数の3割が事前チェック、残り7割が偶然の出会いという状況であることがわかっています。サークルの目印を用意することでより分かりやすく目的のサークルにたどり着けないか?と考えていました。せっかくチェックしたのに人混みでたどり着けなかったという事態は避けたいところです。

はじめて来場する一般参加者が、「サークルべんりカード」とのぼりを介して目的のサークルを見つけやすくなる点、「かんたん後払い」で興味のある技術との出会いをよりかんたんにする点、この2つを狙って会場を設計してみようという取り組みです。
会場のわかりやすさは、出展参加の4割を占める初参加の出展者へのサポートになると考えています。

技術書典のチャレンジに付き合ってやろうじゃないか、今回も変わったことをしているな、と変化を楽しんでください(運営でも実現可能性をしっかり検討して反省点、改善点を活かしていきます。見本誌回収の運営効率化もその一環です)。

当日になって「かんたん後払い」に対応したくなったら

かんたん後払いは事前の申込みが必要です。申込みが済んでいるサークルはQRコードが表示された状態でお配りします。かんたん後払いを使わないサークルにむけては、QRコードをシールで隠してお配りします。

もし当日になってから「かんたん後払いに対応したい!」とおもったら、その場で次のように申し込みをしてQRコードを覆っているシールを剥がしてご利用ください。

かんたん後払いの申込方法

マイページの「管理中のサークル」にある技術書典6の「編集」へ進むと、以下のように「技術書典かんたん後払い 支払い方法」というフォームが表示されます。「かんたん後払い」に対応したいサークルの皆さまはサービス利用規約を確認した上で、売上金を振り込む口座情報を登録してください。

技術書典かんたん後払い 売上金を振り込む口座情報を登録しておこう

サークルで「かんたん後払い」を利用するには口座情報の入力が必須となります。
決済金額の支払時や売上金額の振込時にかかる手数料は運営負担ですので、「かんたん後払い」は無料でお使いいただけます。

技術書典6 サークル通行証(サークルチケット)について

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

技術書典6におけるサークル通行証についてお知らせします。

サークル通行証(サークルチケット)は電子化されています

技術書典ではサークル参加者が入場時に使用するサークル通行証(いわゆるサークルチケット)が電子化されています。

サークル参加の皆さんがサークル通行証を使用する時の手順は次のとおりです。

事前準備

当日、サークル通行証で入場する方は必ず技術書典のサイトでのユーザー登録が必要となります。(ひとつのユーザーアカウントやサークル通行証を複数名で共用はできません)
サークル代表者はサークル通行証を渡したい相手に「技術書典のサイトでユーザー登録をして、登録したメールアドレスを事前に教えてください」と伝えておきましょう。

サークル通行証が送付されたらやること

2019年3月末までに、運営よりサークル通行証をサークル代表者へ送付します。(デフォルト2枚)
サークル通行証が送付されたら以下の手順で使用します。

  1. サークル代表者は次の手順で使用ユーザーを割り当てます
    1. マイページ→管理中のサークル→「サークル通行証」を押します
    2. 「使用ユーザー割当」を押して、サークル通行証を渡したい相手のメールアドレスを入力します
    3. サークル代表者自身がサークル通行証を使用する場合は、自分自身のメールアドレスを入力して割当を行ってください
    4. サークル通行証は未使用であれば使用ユーザーの割当をやり直すことが可能です
  2. 使用ユーザーは次の手順でサークル通行証を使用します
  3. 当日受付にてスタッフが使用ユーザーのQRコードを読み取り、参加証と引き換えます
    • サークル通行証の使用は1回のみです。1回QRコードを読み取って使用するとロックされるため使い回すことはできません。絶対に他の人と共用しないでください

当日までに上記の手順で共著者や売り子さんへのサークル通行証の割当を行い、QRコードの表示までできることをご確認のうえ、ご来場ください。

画像でわかる!サークル通行証の使い方

マイページのサークルのところにサークル通行証ボタンがある
使用ユーザ割当を押して割当を行う
自分に通行証が割り当てられたらマイページにボタンが出るよ
自分の通行証をQRコードで表示できればOK

サークル通行証の追加希望について

いくつかお問い合わせや追加希望のメールをいただいておりますが、サークル通行証の追加付与につきましては頒布数等を参考に対応をしております。追加のご要望はお伺いしますが、必ずしもご希望の枚数をお約束できるものではないということをご理解ください。

ご希望いただいたサークル通行証追加の可否につきましては、サークル代表者へ付与されたサークル通行証の枚数をもって回答とさせていただきます。メールでの個別の回答は行っておりませんのでどうぞご了承ください。

またサークルに割り当てられるのは机半卓(横90センチ×奥行45センチ)、椅子2脚ほどのスペースとなります。サークルのスペースに出入りされる際は周辺にご注意ください。

事前準備をしっかりと行って、当日はばっちり楽しみましょう!

技術書典6 一般参加者向けサイトを公開

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

技術書典6の一般参加者向けサイトを公開しました!

今回のキャッチコピーは 夢いっぱい、本いっぱい。 です。主宰のmhidakaからのコメントをご紹介します。

「今回のヒーローイメージはおもちゃ箱をひっくりかえしたような楽しさをイメージしています。技術書典は多種多様な技術を応援しており、技術書を中心に参加者のみなさまが交流するきっかけを提供できればと考えています。子供の頃ほしかったおもちゃのように夢が詰まったイベントにしたいという思いから決定しました。制作はshatiさんです。当日は誰もが主役となれるように準備をしてお待ちしています。みなさんも自分の一番を見つけに来てください。」

一般参加者向けサイトの公開で以下の機能が利用可能となりました

今回の更新で、次の機能が更新 or 利用可能になりました。

一般参加の皆さまへ

サークルチェックのお願い

本を買いに行く一般参加を検討されている皆さんにお願いがあります。サークルリストで気になるサークルを見つけたら★マークを押してサークルをチェックリストに追加してください。(サークルチェックをするためにはユーザー登録が必要です)

気になるサークルは★を押してチェックリストに追加

すると以下のようにサークルチェックリストが表示され、サークル配置図でもチェックしたサークルの場所にオレンジ色がつくのでどこを見て回ればいいのか一目瞭然です。

チェックリストがあればどこを見て回ればいいか一目瞭然!

そして皆さんがサークルチェックリストに追加すると、サークル側は次の画像のように自分のサークルがチェックされた総数を知ることができます。

サークル側は被チェック数が分かる

そこでお願いしたいのがなるべく早め(3月中くらいまで)にサークルチェックをしてほしいということです。なぜならば、チェックをしてくれた人=購買見込みと考えられるため、サークル側が印刷所に入稿する際の部数を決める指標に使えるからです。

もっともサークルチェックでチェックを入れても、早い時間で完売した場合などは購入できるとは限りません。それを防ぐためにはサークルさんが強気に、少し多めに!刷る必要があります。その際、どれくらいの人に興味を持たれているのか事前に知ることができると、発行部数を判断する糧になると考えています。

各サークルが部数を決める判断材料を増やすため、ぜひお早めにサークルチェックをお願いします。

なおサークル詳細のページにはショートカットキーが設定されていて、矢印キー(←→キー)で前後のサークルに移動、F or Cキーでチェックの状態をトグル(チェックしたり外したり)できます。

サークル参加の皆さまへ

頒布物情報登録のお願い

サークル参加者の皆さまは、現時点でわかっている範囲で大丈夫ですので頒布物情報を随時登録・更新していってください。

サークルチェックしたときに「どんなジャンルのサークルなのか」「どんな本があるのか」が分かると、チェックボタンを押すモチベーションがぐぐっと生まれます。サークルカットだけでなく頒布物の表紙や目次、詳しい内容、どんな層に向けた本なのかなど、頒布物の情報をぜひたくさん載せてください。たくさんの新刊の登録、お待ちしています!

なお前回(技術書典5)では、サークルリストの公開から約2日で3000ほどのチェックが行われました。
今回はどの程度の伸びを見せるのか、いまからドキドキしています。

技術書典かんたん後払い 支払い方法登録のお願い

技術書典ではQRコードを読み込んで本を購入し、後でまとめて支払う「かんたん後払い」という技術書典独自のシステムがあります。

マイページの「管理中のサークル」にある技術書典6の「編集」へ進むと、以下のように「技術書典かんたん後払い 支払い方法」というフォームが表示されます。「かんたん後払い」に対応したいサークルの皆さまはサービス利用規約を確認した上で、売上金を振り込む口座情報を登録しておいてください。

技術書典かんたん後払い 売上金を振り込む口座情報を登録しておこう

技術書典6の当日、サークルで「かんたん後払い」を利用するには口座情報の入力が必須となります。

技術書典3からはじまった「かんたん後払い」も今回で4回目となります。今回も決済金額の支払時や売上金額の振込時にかかる手数料は運営負担ですので、「かんたん後払い」は無料でお使いいただけます。ぜひご利用ください。

よろしくお願いします!

技術書典6 サークル配置発表とスポンサー募集のお知らせ

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

先日、技術書典6のサークル配置が発表となりました。
サークル参加される皆さんには 技術書典6 配置決定のお知らせ という件名のメールを、2月20日の夜にお送りしていますのでご確認ください。

「メールが届かないと思ったら迷惑メールのトレイに入っていた」という声も寄せられていますので、受信ボックスにない場合は迷惑メールのトレイも併せてご確認ください。

なお配置情報のマイページへの反映はもう少し先のタイミングとなります。今しばらくお待ちください。

技術書典のスポンサーを募集しています

お陰さまで技術書典は回を重ねるごとにサークル参加の申込数が増加しており、今回配置にあたっての倍率も過去最高となりました。規模の急拡大を続ける「技術のお祭り」こと技術書典を、スポンサーという形で応援くださる協賛企業を募集しております。

本資料は技術書典のウェブサイトにて広く公開しております。
もしご自身の所属企業や、ご友人・石油王などで関心のありそうな方をご存知でしたらシェアしていただけると嬉しいです。

来場者数は前回が10,000人を超えたことを鑑み、10,000人から15,000人を受け止める計画です。

エンジニア15,000名の知識・技術に対する欲を支えたい!という企業にぜひスポンサードをご検討いただきたいと思っております。詳細なプラン、問い合わせ先については資料をご確認ください。

今後のスケジュール

3月14日(木) 会場情報のご連絡 ※搬入、入場方法などをお知らせ予定です
3月17日(日) 一般参加者向けウェブサイト オープン

一般参加者向けのウェブサイトが公開されると、本を買いに来る皆さんがサークルリストを見ながらサークルチェックできるようになります。
サークル情報はマイページより編集可能ですので、3月17日のサイトオープンまでにサークルカットや頒布物情報などを充実させておくことをオススメします!

また告知をされる際、ハッシュタグはナンバリングなしの #技術書典 でお願いします。誤って「技術書展」や「技術書店」といった表記になってしまわないようご注意ください。

初参加のサークルさんも、過去に参加したことのあるサークルさんも、みんなが新刊を抱いて技術書典の日を迎えられるように引き続き頑張っていきましょう!

技術書典6 サークル当落発表のお知らせ

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

技術書典6のサークル当落が発表となりました。
サークル参加申込をされた皆さんはマイページにて当落の確認をお願いします。

また当選された方は参加にあたって参加要項、及びガイドラインを今一度ご確認ください。

参加費の入金は2月12日(火)まで!

サークル参加の当落はマイページにて確認いただけます。このとき落選であれば当落状況:落選、そうでなければ当落状況:入金待ちと表示されます。入金待ちと表示されていた場合は2月12日(火)までに参加費をご入金ください。参加費の入金が確認でき次第、当落状況:当選となります。

会場に配置可能な数のサークルだけが入金待ちになるため、サークル応募期間(1月31日まで)を過ぎてから参加辞退をされた場合や、当落状況:入金待ちから未入金で落選となってしまった場合は次回以降の参加にペナルティがあります。

未入金による落選が発生した場合でも、時期的に難しいため落選サークルさんの繰り上げ処理は実施しません。つまり「未入金による落選」は、その枠で参加できたかもしれない別のサークルさんが落選してしまったことを意味します。

残念ながら落選してしまったサークルさんのお気持ちも踏まえて、お早めにマイページにて当落状況を確認いただき、入金のお手続きをお願いいたします。

なお申込時の備考欄にて、電源や特別の要望を書いて頂いてるサークルがございましたが、今回は会場の都合上、電源の準備はございません。なにとぞご理解ください。
またサークル入場用チケットの追加付与につきましては頒布数等を参考に対応いたしますので、必ずしもご要望の枚数をご用意できるものではないことを併せてご了承ください。

当選したら「技術書の作り方勉強会」に参加してみよう

当選したものの、技術書ってどうやって作るの?という方に向けて「技術書の作り方勉強会」を2月中に開催予定です。

connpassの技術書典コミュニティでメンバーになっておくと、勉強会の日程が決まり次第、メールで告知が届くのでおすすめです!

初参加のサークルさんも、過去に参加したことのあるサークルさんも、みんなが新刊を抱いて技術書典の日を迎えられるよう頑張っていきましょう!

技術書典には皆様方の応援と協力が欠かせません

技術書典6は4月14日(日)に池袋サンシャインシティにて開催です。

  • 日時 2019年4月14日 (日) 11:00〜17:00
  • 場所 池袋サンシャインシティ2F 展示ホールD (文化会館ビル2F)
  • 主催 TechBooster/達人出版会
  • 一般参加 有料化を検討中

技術書典では応援いただける協賛企業のみなさまを探しています。次のアドレスまでご連絡ください。企業協賛プランが確定次第、折り返し詳細をご案内いたします。

技術書典では”新しい技術・知見”を応援し、”幅広い内容の本”を歓迎し、”偏らず、くまなく”技術を楽しむ心を応援したい、と考えています。

運営スタッフ、出展サークル、一般来場者、いずれの立場でも技術普及を目的に楽しめる場作りには、皆様方の応援と協力が欠かせません。
引き続き一緒に技術書典を盛り上げていただけるとうれしく思います。

技術書のお祭りをみんなで楽しみましょう!

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×