技術書典6 一般参加の有料化について

こんにちは、技術書典のお知らせ担当 @mochikoAsTechです。

技術書典6の一般参加の有料化についてお知らせします。

技術書典6はいつどこで開催される?

「技術のお祭り」こと技術書典は4月14日(日)に池袋にて開催されます。

日時 2019年4月14日 (日) 11:00〜17:00
場所 池袋サンシャインシティ2F 展示ホールD (文化会館ビル2F)

一般参加は11時〜13時の2時間のみ有料(雨天時は無料)

今まで技術書典では一般参加者(本を買いに来る人)からは参加費をいただかず、どなたでも無料で参加できるようにしていました。しかしありがたいことに技術書典5では10,340人に参加いただき、行列や入場規制、会場内の人が多すぎて目的のサークルが探しづらい、など混雑に起因する様々な問題があることも認識しています。

そこで少しでも混雑を緩和しつつ、できるだけ多くの方に快適に技術書典を楽しんでもらえるよう、技術書典6では11時~13時の2時間のみ一般参加の入場を有料化することとなりました。なお雨天時はこの有料化は実施しませんので、11時~13時の時間帯も無料で入場いただけます。

当日、会場にて入場券(1,000円)を販売します。13時までは入場券をお持ちでないと入場いただけません。入場券の販売数に制限はありません。また入場券の事前販売はございません。

前回の技術書典5では入場待機列ができましたが、今回列ができた場合には先に入場券をお買い求めになってから入場待機列にお並びください

基本的には最も混雑する時間帯の緩和を意図した有料化の取り組みですが、オペレーションの簡略化のため11時~13時の間は再入場不可となります。どうしても一度外に出たい、たとえばお子さんのおむつ交換や授乳、急な腹痛などで一時的に外に出て戻ってきたい場合は、退出される前に出口の技術書典運営詰め所までお声がけください。

13時以降は無料で入場できます

13時以降は入場券をお持ちでなくても無料で入場いただけます。技術書典5では1時間~2時間をかけて入場待機列が解消しておりました。今回も同程度もしくは軽減されるものと考えています。待機列が残っていた場合は無料で並んで、入場いただけます。

今回の一般参加の入場有料化は試験的な実施となり、次回以降も同じ形で実施するかは未定です。また当初検討しておりました技術季報の事前販売は、当日の混雑、オペレーションに注力するため見送る形となりました。技術書典をより安全で快適にお楽しみいただく方法を模索する中での様々な試みに、引き続きあたたかいご協力とご支援をお願いいたします。

当日の入場券販売は10時からを予定

当日の入場券販売は10時からを予定しております。入場券や入場待機列に関するアナウンスはTwitterの技術書典公式アカウントにて行いますので、事前にフォローしておくことをお勧めします。

「欲しい本をできるだけたくさん手に入れたい」という方は、事前にサークルの一覧でそのサークルをチェックリストに追加しておきましょう。皆さんがサークルをチェックリストに追加すると、サークル側は次の画像のように自分のサークルがチェックされた総数を知ることができます。

サークル側は被チェック数が分かる

被チェック数によってサークル側に「欲しいと思ってる人がこんなにたくさんいるよ」という気持ちが伝われば、それを目安に印刷部数を少し増やしてくれる可能性があります。各サークルが部数を決める判断材料を増やすため、ぜひお早めにサークルチェックをお願いします。

車椅子やベビーカーでご来場の皆さまへ

技術書典では車椅子やベビーカーでのご来場も歓迎いたします。

電車でお越しの場合、最寄りの東池袋駅ではホームから改札階へのエレベータがあります。改札を出た後は、サンシャインシティまで地下通路でつながっており、そのまま文化会館ビルの地下1Fにエレベータで移動できます。詳しくは池袋サンシャインシティのサイトでアクセス(電車でお越しのお客様)をご覧ください。

お車の場合は、文化会館ビルの地下に駐車場(サンシャインパーキング)があります。こちらは障がいをお持ちの方専用の駐車スペースや、乳幼児をお連れの方向けの思いやりスペースもあるそうです。詳しくはアクセス(車でお越しのお客様)をご覧ください。

会場となる文化会館ビル2階の展示ホールD前までは、地下階もしくは1階よりエレベーターにて移動できます。会場の出入り口、および会場内には段差はございませんので、車椅子やベビーカーでそのままお入りください。会場内の通路幅は2.5m以上となっております。

ただし会場に入るための入場待機列を形成する場所は、途中にいくつか階段がございます。また入場待機列が解消されるまでの時間帯は場内の混み具合もかなり激しく、移動もままならない状態になると予想しております。安全のため入場待機列が解消されて場内に余裕ができてきてからのご来場をおすすめいたします

当日何かお困りのことがございましたら、遠慮なくスタッフまでお声がけください。状況によって少しお時間をいただくこともあるかと思いますが、できるだけ技術書典を楽しんでいただけるよう努めてまいります。

皆さまのご来場をお待ちしています!

技術書典6のキャッチコピーは 夢いっぱい、本いっぱい。 です。

夢いっぱい、本いっぱいでみんなでめいっぱい楽しみましょう。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

共有